CBDでコロナ第二波に備えよう!免疫力を高めるCBDの効果とは?

今回はCBDと免疫力の関係についてお伝えしていきます。コロナウイルスの第二波が懸念され始める中、「外出を控えたいけど仕事は休めない」などのお悩みを抱える人多いですよね?今私たちにできることと言えば、日頃から免疫力や健康を維持することではないでしょうか。今日から始めれるCBDでのケアで、免疫力の向上を目指してみませんか?

コロナウィルス第二波
CBDと免疫
免疫力の向上
【目次】
  1. コロナウィルス第二波に備えてCBDを利用するワケとは?
  2. CBDと免疫力の関係
  3. おすすめのCBD摂取方法
  4. 最後に

コロナウィルス第二波に備えてCBDを利用するワケとは?

クラスター感染
コロナウィルス
免疫力向上
CBDオイル
CBD製品
心身的ストレス
免疫低下
鎮痛作用 抗炎症作用 CBDの効能

やっとコロナウィルスの自粛も明けて、通勤や外出をする人も増えましたよね。でも、それと同時に、やはり感染者が増え始めているのが現状です。もともと懸念されていた、クラスター感染などもニュースで取り上げられていますよね。こうした状況でも、「会社の出勤要請があるから」「自粛解除されたから、プライベートの誘いを断りづらい」など、本当はあまり外出したくないのに、出なければいけなくなっている人も多いですね。コロナウィルスは第二波も懸念され、これ以上の感染者が増加すれば2回目となる自粛要請が出る可能性もあります。

このような状況で私たちが前もって準備できることと言えば、健康的な生活と免疫力を低下させないことではないでしょうか?そうした日常的な健康をサポートしてくれるのがCBDなんですよ。既にご存知の方も多いと思いますが、CBDは最近国内の医院でも自由診療に採用されており、安心して利用することができます。自然成分で依存や副作用がないため、コロナ対策に普段から気をつけたいという人にオススメなんですよ。

以前もお伝えしましたが、国内外問わずコロナウィルスの影響でCBD製品の売上げが急伸したという情報がありました。長い自粛生活による心のケアや不眠症改善を目的とした購入者が多かった反面、そうした心身的ストレスが免疫力低下の原因ともなるのです。

また、CBDは身体のさまざまな調整をおこなう働きがあるとされ、免疫力のコントロールも期待されています。実際に医院などではCBDの鎮痛作用の他に、抗炎症作用や免疫力の低下を防ぐために取り入れているところもあるんですよ。CBDの免疫力については次の項目で詳しくご紹介します。

CBDと免疫力の関係

カンナビジオール
CBDと免疫力
アナンダミド
内因性カンナビノイド
カンナビノイド欠乏症
コロナ鬱
コロナ疲れ
免疫力維持

CBDと免疫力の関係について、詳しくお伝えしていきます。CBD=カンナビジオールは体内のカンナビノイドの欠乏を防いで、ECSを正常に機能させる働きがあるのです。

ECSは主にアナンダミド2-AGと呼ばれるアラキドン酸を含む神経伝達物質または脂質性物質である内因性カンナビノイドと、神経細胞上に多いCB1、免疫細胞上に多いCB2というカンナビノイド受容体が結合することで、構成されています。これまでの研究によると、老化だけでなく外部からの強い心身的ストレスなどによって、カンナビノイドが減少することがわかっています。この現象は“カンナビノイド欠乏症”と呼ばれ、体の様々な疾患や免疫力の低下などの症状を引き起こします。特にCB2は脾臓・胸腺・扁桃編・血液などのリンパ系/免疫系システムに多く存在するため、カンナビノイド欠乏症に陥ると、この免疫システムが崩れて、機能が低下してしまうのです。

こうしたカンナビノイド欠乏症による免疫力低下を防ぐためには、健康的な体とストレスフリーな日常生活が必要不可欠となります。でも、コロナウィルスの影響で最近では「コロナ鬱」「コロナ疲れ」などという言葉が登場するほど、心が疲れ気味な人が多いですよね。更に自粛解除により、外出が増えることで体力が落ちていた人は身体的な疲れを強く感じることもあります。

悪環境の中、免疫力が低下しているとコロナの感染がより心配になりますよね?そこでCBDの摂取がおすすめなんですよ。CBD=カンナビジオールは体内のカンナビノイドの欠乏を防いで、免疫力を維持し体内のさまざまな機能を正常に動かすサポートをしてくれるのです。

おすすめのCBD摂取方法

CBDと免疫
CBDオイル
CBDvapeは有害物質
健康維持
免疫調整
オーガニックCBD
ストレス緩和

CBDは免疫力の調整に有効な成分ですが、毎日継続することが大切です。リラックス作用や不眠症に対する効果は実感が早い場合もありますが、体内を巡る免疫系システムなどへの効果には、やはり日頃のケアと継続が必要となります。

そこでおすすめなのがCBDオイルによる摂取。どうしてCBDオイルがおすすめなのかというと、色々な摂取方法があるからです。一般的に推奨されているのは“舌の裏に垂らして摂取する方法”舌の裏には毛細血管が無数に通っているため、消化器系を通らずダイレクトに体内に循環します。分解されることがないため、より効果的とされているのですよ。また、ドリンクなどに垂らして利用することもできるの、CBDオイルがおすすめの理由でもあります。コーヒーや紅茶などに淹れて飲むことができるので、オフィスや仕事でストレスを感じた時にすぐ対応することができますよね。CBDオイルなら、その他の製品に比べて場所を選ばず、毎日取り入れることができる利点があるのです。

CBDオイルはCBD製品の中でもメジャーな商品となっていて歴史も古く、また医薬品としても用いられている製品です。CBDVapeなどは肺から摂取できるため効果も期待されている人気製品なのですが、実は日本禁煙学会はこれらの製品について問題提起しているのです。Vapeに用いられるCBDリキッドのほとんどの製品に含まれている“プロピレングリコール(PG)”や“グリセロール(主にVG)”などは肺炎を起こす原因になっている可能性が示唆されています。これはFDA(アメリカ食品医薬品局)、つまり日本の厚生労働省のような権限を持つアメリカの機関が、「PVやVGは加熱による変化で肺障害作用がある知見があり、有害物質として勧告する」と明記しているためです。

健康維持や免疫調整のために取り入れるCBDが体に悪影響では意味がありませんよね。製品選びには充分注意する必要があるということです。安心して使えるCBD製品ですが、できるだけCBDやその他の希釈剤もオーガニックのものを選ぶのがおすすめ。また、自分が好みのフレーバーや香りを選ぶことも、ストレス緩和にとても重要なポイントです。嗅覚は脳を刺激し、CBDとの相乗効果をもたらしてよりリラックス効果を発揮するとされているのです。安心安全に使える自分好みのCBDオイルを選んで、日々のケアに取り入れてみてくださいね。

最後

コロナウイルスの第二波
CBDと免疫力
CBDオイル

今回はコロナウィルス流行の第二波に備えて、CBDと免疫力の関係について詳しくお伝えしてきました。外出や出勤時にも消毒などを用いて気をつけるのはとても大切なことです。でも、それだけでなく、日頃から心も体も内側からケアしてあげることで免疫力の低下を防いでくれるのですね。皆さんも心身の健康と免疫力向上のために、CBDを取り入れてみてはいかがですか?

サスティナブルへのこだわり~ヘンプで環境問題を考える~

今回はCBDが抽出されるヘンプとサスティナブル農業の関係についてご紹介していきます。みなさんは“サスティナブル”という言葉を聞いたことがありますか?地球温暖化の改善に重要な要素を秘めた“サスティナブル”な活動とヘンプには大きな関係があるのです。CBDをお使いの方もそうでない方も、今日は少し自然環境に目を向けて“サスティナブル”とは何か知ってみてくださいね。

サステイナブル
ヘンプ
CBDオイル

サスティナブルとは?

サステイナブル
サステイナブル農法
持続可能
CBDオイル

サスティナブルとは英語で“Sustainable=支持できる、持続できる、耐えうる”という意味の単語です。(引用:Weblio英和辞典)ただ、近年では色々な場面でちょっと違う意味合いで使われるようになっています。
例えば経済の面で用いられるサスティナブルとは、これまでおこなわれてきた搾取型ビジネスではなく、コミュニティーや地域・自然に配慮しながら経営をおこなうことで、更なるビジネス的還元と利益を目指すシステムのこと。また、特に注目されているのが農業の面でのサスティナビリティーです。サスティナブル農法とは、自然に優しいだけでなく現状を維持し、未来に残すことを目的とされています。化学薬品や農薬は植物を大きく成長させたり、害虫が付くのを防いでくれます。でもそれは土壌に大きな負担をかけることになり、植物もその薬品成分を吸収しているため、人間の体内にも取り込まれますよね。サスティナブル農法は環境はもちろん、ヒトの体にも良い影響を与えることに繋がるのです。

サスティナブルという言葉は2015年の国際サミットで取り上げられた「持続可能な開発(SDGs)」という採択で一気に注目を集めました。17カ国の国際的目標に掲げられたこの活動は、今後10年間にどれだけコミットできるかで地球の未来を左右するとまで言われているんですよ。

このように今国際的目標に挙げられ、注目を集めている活動は、“サスティナブルファッション”“サスティナブルワイン”など、さまざまなジャンルでのトレンド化しつつあります。そして、私たちが利用しているCBDが摂取されるヘンプとも、実は大きな関係があるのです。次で詳しくお伝えしていきますね。

ヘンプ
CBDオイル
エコな植物

サスティナブル=持続できる、耐えうる環境作りにヘンプはどのような関係があるのでしょうか?以前別の記事でもお伝えしましたが、ヘンプは土壌環境にとてもいい植物なんですよ。理由は以下の通りです。

  • 農薬不使用
  • 土壌改善
  • 早期成長
  • 場所を選ばない
  • CO2削減
害虫に強く、成長がとても早いヘンプは農薬や化学肥料を使用せず、除草剤を使用する必要がありません。なんと100~120日前後で3~4m程にまで成長し、あっという間に収穫が可能なんですよ。またあらゆる土地で栽培が可能と言われ、日本では昔やせ細った土地の改良のために麻を栽培したとまで言われています。ヘンプの根は広範囲に成長し、畑の隅々にまで広がります。硝酸性窒素濃度を低減させる効果もあるといわれており、ヘンプ収穫後はフワフワな土と健康な土壌ができあがるのです。さらに、通常の植物よりも二酸化酸素の急流率が高いとされるヘンプは、同じ広さの森や林にい比べ、なんと5倍以上のCO2を吸収するんだとか。ヘンプを栽培すること自体がサスティナブルな活動に直接繋がっているのですね。

ヘンプクローズ
ヘンプクリート
麻
CBD製品
サステイナビリティ
ヘンプ

さらにもう一つ重要なヘンプのサスティナビリティーは、その活用法にあります。ヘンプはCBDの抽出だけでなく、衣類や建築剤、土に返還できるプラスチック代用品など、葉・花・実・茎・根を全て余すことなく使い切ることができるのです。さらにCBDを抽出した後の繊維なども有効活用されており、私達の生活をサポートしてくれるのですよ。

古来から日本でも生活に取り入れられてきた麻は、時代や呼び名によってその印象や価値観に変化が見られる、とても不思議な植物です。日本で「麻」と言えば、丈夫な麻ヒモや通気性の良い良質な布素材などを連想させますよね。古来では、色用品や治療薬として用いられていました。また、麻=大麻(マリファナ)というイメージもあり、身体に悪影響を及ぼすイメージもあるのです。このようにさまざまな印象を与えながらも、ヒトと大きく関わりを持ってきた植物は少ないのではないでしょうか?

近年ヘンプはCBD製品の販売許可により、大きく知られるようになりましたが、実は昔から私達の健康や生活を支えてくれていたのですね。今後はサスティナブルの面でも更なる活躍が期待できそうです。

環境問題
サステイナブルな生活

今回はサスティナブルなヘンプについて詳しくご紹介しました。環境問題に取り組むことは、巡り巡って私達の健康や生活を維持し、またより良いものすることに繋がるのですね。みなさんも、少しだけサスティナブルな活動について考えてみませんか?

CBDが自由診療に?!国内の医院で広がるCBD取扱いについて

今回は日本国内の医院でも広がりを見せている、CBDの自由診療についてご紹介していきたいと思います。海外では自然療法だけでなく、薬品としても認可されている製品もあるCBD。国内ではどのような場合に用いられているのでしょうか?気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

CBDオイル
CBD自由診療
【目次】
  1. CBDを採用している医院について
  2. CBDを利用する理由は?
  3. CBDの医院での需要を予想
  4. 最後に

CBDを採用している医院について

CBD処方
CBD自由診療
痛みの緩和
免疫サポート
コレステロール
CBDの調整能力

海外では当たり前のなりつつある、CBDの処方ですが、実は日本でも自由診療に取り入れ始めている医院が増えてきているんですよ。都心を中心に増加しているCBD採用医院には以下のような科がありました。

  • 精神科
  • 歯科
  • 皮膚科
  • 美容整形外科
  • ペインクリニック
  • リラックス作用などが期待できるCBDは海外でも精神科で処方されることが多いので、国内での採用をうなずけますね。うつ病や不安障害、パニック障害など、心のケアに取り入れられているだとか。また、不眠治療や睡眠の質改善にも用いられています。

    驚いたのは歯科で利用している医院がとても多いことです!利用目的としては歯科治療の後の痛み止めの代用で使われているようです。さらに抗炎症作用も期待できるCBDは、歯科治療後にも有効な成分と言えるでしょう。患者さんからの申請があれば、保険適用外となりますが主にCBDオイルを中心に処方されるのだそうです。

    また、皮膚科が美容整形外科でも採用しているところが多いんだとか。こちらは主に美容目的で取り入れられていて、スキンケア製品の処方を中心にさまざまなCBD製品を取り扱っていました。そして、最近ではペインクリニックでの導入も広がっていて、痛みの緩和をサポートする目的で採用されているんだとか。 さらに調査を進めてみると、免疫力のサポートやコレステロールを下げるために取り入れている医院もあり、CBDの調整能力がさまざまな効果をもたらすことがうかがえますね。 CBDを処方している医院については、インターネットで簡単に検索できますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

CBDを利用する理由は?

免疫力調整
自律神経に働きかける

上記でお伝えしたとおり、さまざまな医院で取り入れられ始めたCBD。利用目的には主に以下のようなことが考えられます。

【鎮痛剤の代用または減量に役立つ】
歯科医院などでは根幹治療などをおこなったあとにつらい痛みが待ち受けています。ただし、あまりに痛みがひどいからといって、鎮痛剤を過剰摂取してしまうと体に大きな負担がかかりますよね。胃痛や吐き気などの副作用に悩む人も少なくありません。そうした場合にCBDを用いることで、鎮痛剤の代用として用いたり、化学薬品の摂取量を軽減させることができるんだそうです。CBDにはもともと鎮痛作用があり、海外では関節痛などに処方されることもあるんですよ。

【依存性がない】
CBDは依存性がないため、これまで処方されてきた化学薬品と比べても簡単に摂取を中止することができます。「痛みがあるときだけ」利用することができるのがうれしいポイントですね。

【免疫力を整える】
何かしらの治療をおこなった後は、体に傷ができたり過度なストレスを抱えることが多々あります。人間の体はこうした状況下にあると免疫力が低下してしまうものなのです。CBDは自立神経に働きかけることで、免疫力を正常に保ち、治療後の健康をサポートしてくれるのです。
このようにさまざまな理由で、病院でCBDが採用されているのですね。

CBDの医院での需要を予想

医療大麻
大麻治療
大麻自由診療

すでに都内では100件以上の医院やクリニックで導入されているCBD。お隣の国韓国では医療大麻が許可され、タイも大麻治療の先進国となりつつあります。そうした状況のなか、日本でもCBDの医院での需要が増加することが予想されています。というのも、CBDは天然成分で副作用や依存性がなく、化学薬品よりも体に負担がないからです。安心して利用できる成分だからこそ、医院でもしっかりと説明をおこない処方しているのですね。

ただし、現状はあくまでも自由診療となっていて、保険適用外です。そのため化学薬品の鎮痛剤などに比べると高額となってしまいます。現在日本では、難治性疾患に用いるCBD由来の薬品に対して、許可申請が出されているなど国内のCBD治療に対する動きが広まっています。遠くない将来、国内の医院でもCBD製品が保険適応になる日がくるかもしれませんね!

最後に

CBDオイル 
副作用なしのCBD
CBD処方箋
今回は医院やクリニックでのCBD事情について調べてみました。病院で処方されるCBD製品のほとんどはCBDオイルとなっていて、成分もECサイトで購入できるものと類似しています。もし「ちょっと気になる…」「試してみたい」という人は、病院に行かずともネットで購入してみてもいいかもしれません。CBDは化学薬品と違って副作用や依存性がなく、体に優しい成分ですが、効果は人それぞれ異なる場合があり、また、現在もさまざまな研究が進められている成分です。もしネットなどからご自分で購入される場合は、薬の代用ではなく、サポート目的でご利用になることをおすすめします。

Instagram camyu.cbd

梅雨はうつになりやすい?CBDでメンタルケアを

今回は梅雨になりやすい“うつ対策”にCBDがおすすめの理由をご紹介していきます。コロナ自粛による環境の変化や梅雨のじめじめしたお天気は、知らず知らずにあなたの心に負担をかけているかもしれません。CBDで疲れた心を癒やしてみてはいかがですか?

梅雨
うつ対策
CBDオイル
【目次】
  1. CBDケアが流行?梅雨のうつの原因は?
  2. 梅雨のうつにCBDがおすすめの理由
  3. リラックスにおすすめのCBDの選び方
  4. 最後に

CBDケアが流行?梅雨のうつの原因は?

新型コロナ
環境の変化
不安定な気候
梅雨で鬱
セロトニン
幸福ホルモン
腸は第二の脳

コロナの自粛も緩和され、社会の動きが徐々に再開していますね。出勤がスタートした人も多いのではないでしょうか?また、6月に入り梅雨入りした地域もありますよね。こうした環境の変化や不安定な気候は、実は体や心に大きな負担となることをご存知ですか?特に女性は、お天気の影響で体調やメンタルのバランスを崩す人が多いんだとか。
では一体どうして梅雨の時期にうつ病が増加する傾向があるのでしょうか?そこには科学的な根拠で示された理由があるのですよ。主な理由を以下でご紹介します。

【日照時間の減少】
人の体には“セロトニン”という神経伝達物質が存在します。これは情緒をコントロールし、心の安定をサポートしてくれる物質です。セロトニンはうつ病治療薬などにも用いられているんですよ。実は、このセロトニンという物質は日光に当たると増加すると言われています。逆に梅雨や冬期は日照時間が短くなるため、セロトニンが減少傾向にあるのです。すると、神経の伝達に以上が起こり幸福感よりも緊張や不安が優先され、うつ病の原因となってしまうのです。
セロトニンとは「幸福ホルモン」などとも呼ばれ、うつ病とも大きな関わりがあるのですよ。日照時間が短くなることが原因で起こるセロトニンの減少は、なかなか自分ではケアすることが難しいですね…

【運動量の減少】
上でご紹介したセロトニンは、実は腸などの消化器に多く存在しています。そのため「腸は第二の脳」などと言われるほど、メンタルの面を左右するのです。腸は適度な運動などにより活発に活動するようになりますが、梅雨の時期は外での運動が難しく、どうしても日中の活動時間が減少してしまいますよね。すると、腸の動きが弱まり、セロトニンが減少することでうつや精神不安を引き起こすことがあるのです。腸を整えることは心のケアに繋がるとは驚きですよね。

不眠症
メラトニン
女性ホルモンの乱れ
セラトニン
自律神経の乱れ

【不眠】
不眠や睡眠の質低下はうつ病の大きな症状のひとつとも言えます。梅雨の時期は湿度も高く寝付きが悪いと言う人も多いのではないでしょうか?もちろん湿度80%を越える日本の梅雨は、睡眠の妨げとなりますよね。でも6月の不眠は実は湿気だけが原因ではないのです。
睡眠にはメラトニンという生成ホルモンが大きく影響しています。メラトニンは軽度の睡眠薬などにも用いられている成分。光の刺激によって抑制されるメラトニンは、夜間や暗い状況で活発に活動をはじめて、質の良い睡眠をサポートしてくれるのですよ。日中もどんよりと曇った時間が長い梅雨の時期は、メラトニンの分泌・抑制のメリハリがなくなってしまい、全体的な分泌量が低下してしまうのだとか。これが睡眠不足や不眠に繋がってしまうのですね。湿度で体力が奪われる梅雨の時期に、不眠が起こると思考回路の低下や不快感が継続的に起こり、うつ状態を引き起こす可能性があるのです。 【女性ホルモンの乱れ】
女性ホルモンの乱れは、イライラや不安、けん怠感や肌荒れなどさまざまな症状を引き起こしますよね。実は上記でお伝えしてきた内容は女性ホルモンとも大きな関わりがあるのです。セロトニンは女性ホルモンと連動している物質。女性は男性よりも脳内セロトニンの生成能力が低く、うつ病も多いんだそうです。
また、メラトニン不足による睡眠も女性ホルモンの乱れを引き起こす原因になります。睡眠不足が続くと自立神経が乱れてしまうことをご存知ですか?実は自立神経のコントロールを担っている脳の視床下部は、女性ホルモンの分泌を調整している部分でもあり、睡眠による自立神経の乱れは間接的に女性ホルモンに影響しているのですよ。梅雨の時期によるセロトニンやメラトニンの分泌状況が女性のうつに影響していることがわかりますね。

梅雨のうつにCBDがおすすめの理由

梅雨のうつ
CBDオイル
抗うつ剤の副作用
ヘンプの天然成分
メンタルケア

梅雨のうつにCBDがおすすめの理由その①【副作用がない】
従来、うつ病の治療に用いられてきた化学薬品には、重い副作用がありました。継続的に飲むことで副作用が緩和される場合もありますが、飲み始めて数日の間「吐き気」「不快感」「頭痛」「食欲不振」などさまざまな症状に悩まされる人も多いのだとか。ヘンプから抽出される天然成分のCBDはこうした副作用がないことも人気の理由のひとつ。化学薬品による体内蓄積の心配もなく、気軽に日常に取り入れることができますよ。

梅雨のうつにCBDがおすすめの理由その②【依存性がない】
上記でもお伝えした通り、CBDは自然療法にも用いられる天然成分のため、依存性もありません。うつ病に対する化学薬品は依存性が強いものも多く、長年やめられないという人も多くいます。CBDならそうした心配もないので、「梅雨の時期だけ使いたい」「女性特有の周期に使いたい」など、期間限定で取り入れてみることもできますよ。

梅雨のうつにCBDがおすすめの理由その③【処方箋がいらない】
うつ病やメンタルケアの化学薬品は基本的に薬局では販売されていませんよね。(漢方の取扱をしている薬局はあります)病院で処方してもらわなければ薬を試すことはできませんが、「病院に行くのはちょっと…」「まだ自分は軽度だと思うし…」など、病院に行きたくないと感じる人も多い用です。やはりきちんとした医師の診断のもとに治療をおこなうのがベストですが、もしそれ自体をストレスに感じてしまったり、拒否反応がある場合にはお手軽なCBDをまず試してみるのはいかがですか?ECサイトで簡単に購入でき、サプリメント感覚で摂取することができるので、「とりあえず…」という感覚でお試しするのもいいかもしれません。

梅雨のうつ
睡眠導入
緊張緩和
CBD
リラックス効果
エンドカンナビノイドシステム

梅雨のうつにCBDがおすすめの理由その④【睡眠導入・リラックス効果が期待できる】
睡眠導入や緊張緩和などに用いられているCBD。夜寝る30~1時間前に摂取することで、心地良いリラックス効果と不眠改善を期待できます。うつ病や心が不安定な状態にストレスや付加がかかることはできるだけ避けるのがベスト。1日の終わりや過度なストレスを感じた際は、CBDのリラックス効果でリフレッシュしてみてくださいね。

梅雨のうつにCBDがおすすめの理由その⑤【ECSに作用する】
CBDはECS(エンドカンナビノイドシステム)と呼ばれる身体調整機能をつかさどる受容体に働きかけることで、その効能を発揮すると言われています。つまり細胞レベルに作用するというワケなんです。身体のさまざまな調整をおこなってくれるCBDは自律神経を整えたり、腸を含めた内臓のコントロールをしてくれるため、日照時間に関係なくセロトニンやメラトニンの分泌を手助けしてくれるのです。

リラックスにおすすめのCBDの選び方

オーガニックCBD
アイソレート
フルスペクトラム

CBDにはさまざまな製品がありますが、CBDオイルなら自宅だけでなく外出先でも簡単に利用できますよ。選び方のポイントは以下の通り。

  • アイソレート製法の製品を選ぶ
  • 産者やメーカーが信用できる製品を選ぶ
  • 希釈剤がオーガニックの物を選ぶ
  • 好みの香りやフレーバーのものを選ぶ

アイソレート製法とは、ヘンプに含まれるさまざまな成分の中でもCBDだけを抽出する製法のことです。純度の高いCBDを摂取することができるだけでなく、THCなど体に有害とされる成分を取り除いてくれるため、安心して利用できます。ただし、ECサイトでも簡単に購入できる安価な製品には注意が必要です。日本では認められていない「フルスペクトラム製法(ヘンプのTHCを含む全成分配合)」の記載がされている製品を目にすることもあります。また、表記と異なった成分が紛れていたり、オーガニックのヘンプを利用せずに農薬や重金などの不純物が含まれていたというニュースもありました。生産者やメーカーが明記されていて、信頼できるショップやサイトから購入することは、うつやメンタルケアを安心しておこなうために必ず抑えておきたいポイントです。

CBDオイル
オーガニックヘンプ
オーガニックの精油
エッセンシャルオイル
緊張緩和
ストレス軽減

また、CBDは基本的に5~10%程の割合で含有されている製品が多く、その他は希釈剤が含まれています。そのため、希釈剤にもこだわっている製品がおすすめですよ。せっかくオーガニックのヘンプを用いていても、希釈剤が添加物ではあまり意味がありませんよね。希釈剤にこだわっている製品は、オーガニックアロマ(精油)やエッセンシャルオイルを配合していて芳醇な香りやフレーバーを楽しむこともできます。自分の好みの香りを嗅ぐことは、脳科学的にもストレス軽減に繋がるという調査も出ていますし、日常に取り入れやすくするためにもおすすめしたい選び方のひとつです。安心して利用できる好みの香りの製品を選ぶことで、自宅でも外出先でも心地良いリフレッシュを体感することでできそうですね。緊張緩和とCBDについては以下の関連サイトも参考にしてみてください。

最後に

メンタルケア
CBDオイル
梅雨の時期のうつ

今回は梅雨のうつ病とCBDについてご紹介してみました。環境の変化が大きい今年の6月は、梅雨の時期と重なることもありメンタルケアが必要な人が増加することが予想されます。「ちょっと疲れているな…」「衝動的なイライラが止まらない」など、うつ病の傾向が見られる人は、早めの心のケアに取り組んでくださいね。日本ではうつ病は“気の持ちよう”などと片付けられてしまい、我慢しがちな疾患のひとつですが、体調不良や重度の合併症にも繋がる恐れのあるうつ病には、心のケアがとても大切なんです。天然成分CBDで体に優しく心のケアをしてみませんか?

CAMYU
~Organic Hemp CBD Oil & Skin Care~

Instagram camyu.cbd

【CBD】とうつ病について|効果・摂取方法

今日はCBDとうつ病の関係についてご紹介していきたいと思います。CBDは脳科学的にみても、うつ病に効果があるとか?!CBDがうつ病に効果的な詳しい理由やおすすめの摂取方法まで、盛りだくさんでお伝えするので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

うつ病
不安症
CBD
CBDオイル

【目次】

  1. CBDが効果的?うつ病の症状や原因
  2. CBDがうつ病に効果的な理由
  3. CBD摂取にはオイルがおすすめ
  4. 最後に

CBDが効果的?うつ病の症状や原因

CBD
うつ病
セロトニン
ドーパミン
不安症
ストレス

CBDがもたらす、うつ病への効果についてお伝えする前に、まずはうつ病の症状や原因について詳しくご紹介していきます。うつ病には以下のようなさまざまな症状があります。

  • 過度な不安
  • 苛立ち
  • 気分の落ち込み
  • 意欲の低下
  • けん怠感
  • しびれ
  • 関節の痛み
  • 偏頭痛

など、他にも人によって色々な症状が現れることがあります。昔うつ病は「心の病」と言われ、言い換えれば“気の持ちよう”などと片付けられてしまう場合も多かったのですが、近年脳科学の観点から研究が進められ、疾患として治療が必要という認識が広まってきています。

ではうつ病の原因とは一体なんでしょうか?うつ病とは簡単に言うと、脳の神経伝達物質が正常に働いていない状態で引き起こる体の疾患のこと。脳には100種類以上の神経伝達物質が存在し、現在60種類ほど研究が進められています。その中でうつ病に大きな関わりがある3種類をまとめてモノアミンと呼びます。モノアミンはセロトニンノルアドレナリンドパミンで構成されていて、それぞれ安心・安堵・安定、活動意欲、期待・楽しみなどの感情に作用しています。これらモノアミンが欠乏したり異常が起こると、緊張、焦燥、不安、意欲低下、食欲低下など、うつ病のさまざまな症状が現れ始めるのです。

ノアミンは生活環境の変化やストレスなどに影響されやすく、一度欠乏するとなかなか自力で戻す事が難しいと言われています。でも、うつ病治療に用いられる化学薬品は副作用が強い物や依存性が高いものが多く、飲むのに戸惑ってしまいますよね。そこで注目されているのがCBDというワケなんです。処方箋が要らずECサイトで入手できるCBDがどうして、うつ病の観点から注目されているのでしょうか?次の項目で詳しくお伝えしていきます。

CBDがうつ病に効果的な理由

セロトニン
うつ病
緊張や不安
女性の問題
女性ホルモン
エンドカンナビノイド
CBD

上でご紹介した通り、うつ病はモノアミンの異常などによって引き起こる可能性があることがわかりました。それではCBDは一体どのようにうつ病に効果をもたらすのでしょうか?

うつ病はモノアミンの中でも特にセロトニンが大きく関わっていると言われています。実際病院で処方される化学薬品のうつ病治療薬は、セロトニンを増やしたりコントロールする作用をもたらすものがほとんどです。また、漢方の処方薬には腸の動きを整えるものもあります。これはセロトニンの受容体である5-HTの多くが腸を含む消化器内に存在していることが関係しています。

CBDは5-HTと結合親和性があることがわかっており、ある動物実験では、CBDを体内に取り込んだことで、緊張や不安状態により速まった心拍数を正常に戻したり、血圧や体温を下げたり調整する効果が出たということです。

また、CBDはエンドカンナビノイドシステムに作用することで、内臓機能を調整する効能もあるとされ、腸内環境を整えるサポートも同時におこなってくれるのですよ。

セロトニンは女性ホルモンにも影響を与えていることから、CBDの結合親和性は女性特有の周期に訪れるイライラや一時的なうつ状態にも効果が期待されています。実際海外ではPMSや生理痛に処方するところもあるのだとか。自然療法にも用いられる天然成分のCBDなら、副作用や依存の心配もなく、安心して生活に取り入れることができますよね。

CBD摂取にはオイルがおすすめ

CBDオイル
アイソレート製法
安全なCBD
VAPE

CBDは日本国内の精神科や医院でも取り入れられていますが、ほとんど同じ成分内容のCBDオイルがECサイトでも購入可能です。実際海外でも承認されている大麻由来の治療薬の多くが、アイソレート製法(CBD以外の成分を排除する製法)で作られた純度の高いCBD製品です。

ただし、ECサイトで簡単に買えるCBD製品の中には、危険な商品も存在します。THC(精神活性作用)が含有されていたり、不純物が紛れているニュースも目にしたことがありますので、安価に購入できる製品には注意してくださいね。CBDには色々な製品や摂取方法がありますが、中でもCBDオイルでの摂取がおすすめです。

【CBDオイルがおすすめの理由】その①安全性

CBDにはオイルだけでなく、Vapeやリキッド、スキンケアグッズやエディブル製品などさまざまなタイプがありますよね。実はVapeやリキッドなど、CBDを気化して肺に直接吸引するタイプは一番速効性や効果が期待できる製品なんです。でもどうしておすすめできないのかというと、それは安全性に問題があるため。Vapeやパイポなどの電子タバコに用いられるCBDリキッドには、PGやVGと呼ばれる希釈剤が入っています。これは普段私達が口にする添加物の1つで有毒性がないのですが、加熱しすることで体内に悪影響を及ぼすとされています。CBD Vapeなどはアメリカでも肺炎の原因などとして問題提起されていて、日本でも注意を呼びかけています。

また、スキンケア製品はもちろん肌には良いのですが、分布した表皮から約1cmほどの浸透力とされているため、うつ病改善に用いるのは不向きですよね。エディブル系、つまり食品CBDはお菓子などに含まれていることが多いのですが、基本的にCBDは全て輸入品となっているため、海外のお菓子にはさまざまな添加物や着色量が含まれています。いくらCBDがオーガニックだとしても、その他の成分に大量の添加物が用いられていたら意味がありませんよね。こうした理由からCBDオイルがおすすめなのです。

【CBDオイルがおすすめの理由】その②舌下に用いることが可能

CBDをより効果的に用いるなら、消化器を通さず体に取り入れるのがおすすめです。消化器官を通ってしまうと分解されて吸収率に影響を与えてしまうのです。そのため、毛細血管の多い舌の裏に垂らして用いることのできるCBDオイルをおすすめします。

また、速効性の面でも、食品系に比べて舌の裏に垂らして摂取する方が効果が速く実感できるとされています。舌の裏に適切量を垂らして数十秒~数分ほどキープすると、無数の毛細血管がダイレクトにCBDを吸収し、体内に巡らせてくれるのです。

【CBDオイルがおすすめの理由】その③外出先でも摂取しやすい

CBDオイルは外出先でも場所を選ばず摂取しやすい製品です。Vapeはニコチンなどタバコの有害成分が含有されていなくても、煙(気体)は発するため、喫煙所など外出時の利用に場所を選ぶ必要があります。でもCBDオイルなら舌の裏に垂らすだけなので、特に場所を選ぶ必要もありません。

また、ドリンクなどに入れても利用することができるので、オフィスで仕事中に利用したい人にもおすすめですよ。ドリンクに入れたCBDは消化器を通るため、上でご紹介したとおり舌に垂らすよりも効果の速効性や吸収面で劣る部分もありますが、ゆっくり緩やかに体内を巡るため、長時間効果が持続するとされています。仕事にストレスや不安を抱える場合が多い人は、ぜひ試してみてください。

最後に

心のケア
うつ病
CBD

今回はCBDがもたらす、うつ病への効果について詳しくご紹介しました。脳科学の面からみても、うつ病は体に悪影響な疾患です。体に優しい天然成分のCBDを用いて、心のケアをしてあげてくださいね。製品選びには充分注意しながら、CBDを生活に取り入れて心身ともに健康を目指しましょう!

CAMYU
~Organic Hemp CBD Oil & Skin Care~

Instagram camyu.cbd

CBDで緊張緩和!自粛解除で仕事への不安がある人へ

今回はCBDの緊張緩和やリラックス作用についてお伝えしていきます。コロナ自粛が解除されはじめ、通勤や日常生活が再開した人も多いですよね。またこれから始まるという人もたくさんいます。そんな中、久しぶりの仕事に緊張や不安を抱えている人は多いんだとか!過度なストレスを溜めないためにも、CBDをチェックしてみてください。

通勤
仕事始め
緊張
過度なストレス
CBDオイル
久しぶりの仕事
不安
コロナ自粛

【目次】

  1. CBDの緊張緩和作用について
  2. 自粛解除にCBDがオススメの理由
  3. 外出先でもCBDを摂取する方法
  4. 最後に

CBDの緊張緩和作用について

仕事のストレス
通勤の不安
人間関係のストレス
抗不安作用
リラックス作用
コロナの影響
自律神経の乱れ
CBD
細胞レベルの緊張緩和

CBDには抗不安作用やリラックス作用があることをご存知ですよね?実は今、この効果を求めてCBDの売上げが急伸しています。というのも、コロナウィルスの影響で長い自粛生活が解除され、通勤や仕事の再開に不安や緊張を抱えている人が続出しているのが理由のようです…長い人では2ヶ月以上もリモートワークで人と話す機会も少なかったワケですから、久しぶりの対面に緊張してしまうのも無理はありませんよね。

ヒトは緊張や不安を強く感じると、心臓がドクドクと過剰に血液を送り込もうとしたり、瞳孔が開いた状態になったりします。また、急にイライラしたり過剰なまでに心配事が増えたり…こうした症状のひとつの理由として考えられるのが、自律神経の乱れです。交感神経の働きが、緊張や不安により通常よりも活発に動きすぎていることが原因で、自律神経が乱れている可能性が考えられます。自律神経は日中に血圧や筋肉・内臓を活発に動かす交感神経と、夜に回復・修繕作業をおこなう副交感神経によって形成されています。ストレスや極度の緊張は交感神経を高ぶらせて副交感神経の活動を妨げてしまうことで、自律神経の乱れに繋がるのです。自律神経は独立した神経とも呼ばれ、私たちが手や足を動かすように自分の意思でコントロールすることができません。CBDはヒトの体に備わっているECSという身体調整機能に直接作用することで、自律神経をコントロールしてくれるため、細胞レベルの緊張緩和や抗不安作用が期待できるのです。

こうした理由から、自粛解除への緊張や不安にCBDを取り入れる人が増えているのですね。最近では国内でも精神科で取り入れている医院もあるほど、安心して使えて効果も期待できるのがうれしいポイントです。

自粛解除にCBDがオススメの理由

自律神経を整える
緊張緩和
抗不安
CBD
免疫力アップ
不眠症改善
美肌効果
アンチエイジング
スポーツ選手
食欲コントロール

上記でもお伝えしたとおり、CBDは自律神経を整えることで、緊張緩和や抗不安作用が期待できます。でも、自粛解除にCBDがオススメの理由は他にもたくさんあります。

  • 集中力向上
  • 免疫力調整
  • 食欲コントロール
  • 不眠症改善
  • 美肌効果

久しぶりのオフィスや出先では、緊張や不安から集中力が低下してしまうことも。CBDには集中力を高める効果もあるとされ、スポーツ選手が試合の前に摂取することも多いのです。また、まだコロナが完全に収束していない状況の中での外出では、免疫力を高めておきたいですよね。特に出勤再開により疲れがたまってきたころに免疫力が低下してしまう可能性も。CBDは身体のさまざま調整を行うことで、免疫力の低下を防いで健康をサポートしてくれます。

さらに、不安が続いて夜眠れなくなったり、肌荒れを起こしてしまう人にもCBDはオススメ。化学薬剤を使った治療も可能ですが、そこには依存や副作用が伴うことも。CBDは自然療法にも用いられる天然成分のため、体に優しく心身ともにケアしてくれるんですね。ストレスがたまると暴飲暴食になってしまう人や、逆に食欲が低下してしまう人にも注目なのが、食欲コントロール作用。健康の基本となる食をCBDでコントロールすることで、必要な栄養を体に取り入れ、緊張やストレスに負けないからだづくりを目指しましょう。

外出先でもCBDを摂取する方法

ラッシュアワー
外出
CBDオイル
ロールオン
camyu

一日中緊張や不安が続くのは疲れてしまいますよね。そんなときにはCBDを外出先に持参してみてはいかがですか?海外では就職活動の面接前や試験の前にも用いられているんだそうですよ!

CBDオイル舌の裏に垂らしてそのまま使うのはもちろん、ドリンクに入れて摂取するのもオススメです。コーヒーやスムージーに数滴垂らして使えば、仕事の合間にもホッとリラックスできます。ドリンクに入れて利用する場合は、舌に垂らすよりもゆっくり時間をかけて効果が表れることがわかっています。早めの効果が欲しい時には舌の裏に垂らして、一日緊張せず集中力を保ちたい場合はドリンクに入れるなど、使いわけしてみてもいいかもしれません。

また、スキンケアにはロールオンタイプのCBDもオススメ。携帯しやすく、癒しの香りとCBDを気軽に取り入れることができますよ。不安や緊張はもちろん、通勤などの外出が増えると気になるのが紫外線や汗の臭い。特にこれからの時期はお肌のこまめなケアや、汗のケアにもぜひ試してみてくださいね。

最後に

自粛解除
CBD
健康的な生活
CBDオイル
環境の変化
久しぶりのオフィス

今回は自粛解除による緊張や不安とCBDの関係についてご紹介しました。環境の変化が大きかった数か月。また健康で元気な生活を取り戻すためにも、ぜひCBDを活用してみてくださいね!

CAMYU
~Organic Hemp CBD Oil & Skin Care~

Instagram camyu.cbd

CBD Vapeで喉に痛み?一定数に起こるトラブルとは

今回はCBD Vapeで発生する喉の痛みについてお伝えしていきます。CBDは体に良好な影響を及ぼすとされていますが、吸引の仕方によっては悪影響となってしまう可能性も…CBDの利用を考えている人も、すでに取り入れている人もぜひチェックしてみてくださいね。

CBDオイル
Vape
CBD Vape
Vape悪影響

【目次】

  1. CBD Vapeで喉に痛み?詳しい症状と種類
  2. 痛みの原因とは?
  3. おすすめのCBD摂取方法
  4. 最後に

CBD Vapeで喉に痛み?詳しい症状と種類

CBD Vape
CBDオイル
CBDリキッド
CBDワックス
CBDスキンケア
Vapeの副作用

最近じわじわブームとなりつつあるCBDにはさまざまな製品がありますよね。CBD Vapeやオイル、リキッド、ワックス、スキンケア用品、エディブル製品など、色々な方法で摂取が可能になっています。そんな中、CBD Vapeの利用によるトラブルが出てきているのをご存知でしょうか…主な症状は以下のようなものが挙げられます。

  • 喉が痛い
  • 喉がイガイガする
  • 口が渇く
  • 風邪をひいたような喉の痛み

など。喉の痛みは食欲などにも影響してきますし、万が一扁桃腺の炎症にもなれば高熱がでることも…

アメリカではCBD Vapeを利用した事故も多発していて、肺に疾患を患った人までいるんだそう。国内でも取り扱う店舗や利用者が急増中のVape。その人気の理由は、即効性のある効果だといわれています。CBD Vapeはオイルやエディブルのように胃や肝臓を通らずに、直接肺の毛細血に吸収させることで、効果が出やすい製品とされているんです。

そんな人気のVapeの喉が痛くなってしまう原因について、次の項目で詳しくお伝えしていきましょう。

痛みの原因とは?

FDA
Vapeで喉火傷
Vapeの副作用
防腐剤
Vape肺への影響

CBD Vapeを利用した痛みの原因は主に以下のようなものが考えられます。

【喉がヤケドしている可能性がある】そもそもVapeとは、CBDリキッドを加熱し、気化して吸引します。そのため、高温の気体を吸引することで喉が軽度のヤケドになっている可能性も…ヤケドまでいかずとも、喉や口の乾燥を防ぐことは難しく、痛みの原因となる可能性があるのです。

【CBDリキッドの成分問題】CBDリキッドにはPG(プロピレングリコール)グリセロールと呼ばれる防腐剤が含まれていることがほとんどです。食品などにも含まれており、特に毒性はないとされているのですが、CBDリキッドに配合されて吸引時に加熱されることで体に有害となる可能性が提起されているのですよ。アメリカのFDAでもこのことが言及されていますし、日本禁煙学会では電子タバコなどの利用喚起にCBDリキッドの加熱について、以下のように述べています。

リキッド主成分のプロピレングリコール・グリセロールで肺障害(動物実験) ニコチンも THC も含まれない電子タバコでは、プロピレングリコール、あるいはグリセロールが肺炎 を起こしている可能性が指摘されています。電子タバコのリキッドの主成分はプロピレングリコール とグリセロールですが、FDA はこれらの物質に肺傷害作用があるという知見に基づいて有害物質と するよう勧告を出しています。

日本禁煙学会
 

ここからもわかるように、CBDリキッド自体が過熱に問題があり、使用が推奨されていないのですね。

【Vape本体の問題】電子タバコにリキッド入れるタイプや、もともとリキッドが装着されている使い捨てタイプなどのVapeがありますが、この本体自体に問題があると、喉の痛みに繋がります。Vapeにはカートリッジというもがあり、交換時期になると苦みや焦げ臭さを感じるようになるのだそうです。カートリッジが焦げ付いているということですね。これを吸引することで喉に負担がかかり、痛みやイガイガした症状を感じるのですよ。

おすすめのCBD摂取方法

CBD Vape
オーガニックCBDオイル
CBDリッキド
人口防腐剤
カンナビノイド欠乏症

吸収率が高く効果を感じやすいCBD Vapeですが、残念ながら色々なリスクが伴うのですね…それでもCBDの摂取をしたいという人は、完全オーガニックのCBDオイルがおすすめですよ。ヘンプの栽培環境がオーガニックなことはもちろんですが、希釈剤にも注意が必要です。CBDリキッドのように人口防腐剤が入っていない、天然成分で造られたものなら、安心して摂取できますよね。

また、効果の速効性が気になる方は、舌の下に垂らして使えるCBDオイルを選ぶと良いでしょう。舌の裏には肺と同じようにたくさんの毛細血管が通っているため、CBDオイルを垂らして吸収させれば、胃や肝臓で分解されることなく体内を巡ってくれるのですよ。

CBDは速効性はもちろんですが、日々体内に取り入れることで、カンナビノイド欠乏症を予防することにも繋がります。そのため、リスクを伴う摂取方法よりも、安心安全に長期で利用できるものがおすすめなんですよ。皆さんも製品選びには充分に注意してくださいね。

最後に

CAMYU CBD
オーガニックCBD

今回はCBD Vapeによるトラブルについてご紹介してきました。まさか、CBDリキッドの成分加熱時に問題が喚起がされているとは、驚きですね… CBDは日常に取り入れることで体のコントロールをサポートしてくれます。毎日使うものだから、安心して利用できる信頼ある製品を選んでくださいね。また、万が一CBD Vapeで喉や体調の不調が表われた場合は、一旦使用を停止し、かかりつけの医師にご相談されるようにしてください。

CAMYU
~Organic Hemp CBD Oil & Skin Care~

Instagram camyu.cbd

韓国の医療大麻導入について実情に迫る

アメリカがヨーロッパではすでに生活の一部となりつつある医療大麻ですが、実は2020年から、お隣韓国でも東アジアで初となる医療大麻の導入が開始され。多くの利用希望者の要請により、ついに始まった隣国での医療大麻の実情に迫っていきたいと思います。

大麻医療
韓国の医療大麻
CBDオイル

【目次】

  1. 【韓国】東アジア初の医療大麻合法化
  2. 【韓国】医用大麻の使用目的
  3. 【韓国】医療大麻の実情とは
  4. 日本の規約改正への後押しとなるのか?
  5. 最後に

【韓国】東アジア初の医療大麻合法化

CBD 大麻草 
CAMYU
Cannabis leaf, marijuana with colorful sunset sky at the background.

これまで欧米や欧州などで用いられていた医療大麻ですが、日本のお隣、韓国でも東アジアで初となる導入がスタートしました!韓国ではたくさんの国民要請のもと、2018年に法改正がおこなわれ、大麻由来の薬品の輸入が許可されたのです。実際に2020年から導入が開始されました。許可が下りているのはおもにCBDオイルですが、日本と違いTHCの含有されたフルスペクトラム製法のものも含まれています。

ただし、韓国ではCBDオイルは医療目的にのみ用いられ、それ以外の利用は禁じられています。つまり、日本のようにTHCが含有されていないアイソレート製法やブロードスペクトラム製法の製品でも、一般の利用者が日常的に使用することは禁止されているということですね。もちろん、日本でCBD製品を購入し、韓国に持ち込むことも禁止です。

【韓国】医用大麻の使用目的

HIV
てんかん
痛みの緩和
エピディオレックス
鎮痛効果

韓国での医療大麻は現在のところ、”希少な難治性の疾患”と医師によって診断された人のみに処方されることになっているそうです。これはHIVてんかんなどの疾患を持っている患者さんで、さらにこれまでの治療で改善がみられなかった人たちのこと示すんだとか。さらに痛みの緩和のために末期ガンの患者にも投与されるんだそうですよ。難治性てんかんには、先日お伝えしたGWファーマ社のエピディオレックスも含まれています。

こうして見ると、CBDは鎮痛効果やてんかんへの治療に優れていることがわかりますよね。韓国では専用の医療薬品センターで医師の処方箋を持っている人のみが購入できるシステムとなっています。

【韓国】医療大麻の実情とは

医師の不足
自然治癒力
カンナビノイド
CBDオイル
健康維持

東アジアで初となる医療大麻導入国、韓国ですが、実はその実情はかなり厳しいものがありました。まず、最大の問題が専門の知識を持ち合わせた”医師の不足”です。大学でも専門の勉強をおこなっていない医師たちですから、このような現象は妥当と考えられますよね。未だに大麻が持つ自然治癒能力や潜在的な効能への知識不足が問題となっています。

また、利用条件が厳しいだけでなく医師の自己判断を求められるような規定であることも、処方へ繋がらない理由かもしれません。大麻由来の薬品を処方する条件として、治療が必要な疾患があることはもちろん、「他にさまざまな治療を試しても効果がなく、もはやカンナビノイドを試すのが最終手段である」ということも含まれているのです。さらに、大麻は違法という教育を受けてきている中で、どこかで「あまり使わない方がいいのでは?…」という懸念があるのでしょう。使用条件にもある”希少な難治性の疾患”には対し「まだ他の化学薬品を試せるはず」という考えに至ってしまい、なかなか処方へと繋がらないのが現状です。

実際に数ヶ月に及ぶ医療大麻プログラムを実施した結果、処方件数は予想を大きく下回り、わずか300件以下に留まりました。しかもそれは純粋なCBDオイル、いわゆるアイソレート製法(THCが含有されていない)の製品のみだったそうです。

THCが含有されていないCBDオイルなどの製品は日本ではサプリメントのような扱いでネットでも購入できますし、一般の利用者も増えていますよね。アイソレート製法の製品なら、韓国の医療大麻に用いられている成分とほぼ変わらず、健康維持のために取り入れられているほど。韓国では大麻由来製品の処方にあまりにも敏感になりすぎている傾向があるように感じます。

日本の規約改正への後押しとなるのか?

医療大麻
難治性治療薬
CBD製品
CBDオイル

日本では戦後に制定された規制により、大麻由来の製品や薬品を医療に用いることは禁止されています。処方や患者側の摂取はもちろん、医療目的の研究や栽培、所持も法律で禁止されているのです。

ただし、先日もお伝えしたとおり、現在「難治性治療薬」として大麻由来のエピディオレックスの臨床実験が検討されているという話もありますし、韓国の医療大麻導入は少なからず日本にも影響を与える可能性があります。日本も韓国と同様、CBD製品に対しての専門知識を持ち合わせた医師が少なく、そうした”専門医不足”などをいかに解消するかも、考慮する必要がありますね。韓国でももう少し設備が整い利用者が増えてくれば、さらなる実情や国内導入へのヒントが見えてくるかもしれません。

最後に

医療大麻
CBDオイル
CAMYUのCBD

今回は韓国の医療大麻事情に迫ってきました。東アジアでは”大麻は違法なもの”という根強い偏見が拭えず、CBD製品に対しても導入が遅れています。そんな中で先人を切って医療大麻導入に踏み切った韓国。今度安定した需要と供給がなされていくのか、注目ですね。

CAMYUのCBDオイルも韓国で処方されているのと同様、アイソレート製法の安心して使える製品となっています。お悩みがある方はぜひ試してみてくださいね。

CAMYU
~Organic Hemp CBD Oil & Skin Care~

Instagram camyu.cbd

CBDのてんかん治療薬としての活躍|日本でも臨床実験開始か?

てんかんとCBD
てんかん治療薬

【目次】

1.CBDが流行した理由は難治性てんかんの少女に

2.CBD含有のてんかん治療薬「エピディオレックス」とは

3.CBD治療薬が日本で使用許可されるのか?予想

4.最後に

CBDが流行した理由は難治性てんかんの少女に

てんかんとCBD
WEED
ドベラ症候群
レノックス・ガストー症候群
CBDオイル

アメリカで爆発的人気となり、今では世界中に愛用者がいるCBD製品。実はこの人気の裏には、ある一人の少女がいました。

2013年にアメリカで放送されたドキュメンタリー番組「WEED」で、難治性てんかんに苦しむ少女、シャーロットちゃんが特集されました。難治性てんかんとは、小児てんかんの一種で、主にドベラ症候群やレノックス・ガストー症候群があります。シャーロットちゃんは2歳の時、重度のドベラ症候群で、週300回、1時間に2回もの発作に襲われ、歩行や食事が困難なことから、寝たきりで栄養管を鼻に通して生活していました。さまざまな化学薬品を試しましたが効果はなく、一時はこの薬品の影響で心配停止に陥ったことも…

そんな娘に心を痛め続けた両親は、ネットで大麻治療をおこなっている子供を見つけ、「大麻」や「マリファナ」というフレーズにあまり気は進まないものの、最後の砦としてその抽出薬を試してみることにしました。すると、なんと発作が数日間ぴたりと止んだのです!両親はとても喜び、大麻の中でもTHC(マリファナに含まれる「ハイ」になる成分)ができるだけ少なく、そしてCBD含有率の高いヘンプを見つけ出し治療に役立てました。

その後、治療を続けたシャーロットちゃんは普通の生活ができるようになり、それまで数州しか認められていなかった医療大麻は、現在では33州で取り扱われるようになったのです。また、これがきっかけでCBDオイルが着目されるようになったんですね。

とても残念なことにシャーロットちゃんは13歳で別の病(コロナの影響といわれています)でお亡くなりになってしまいましたが、それまで過ごした元気な日常生活の姿や両親の勇気と行動力は、現在もたくさんの患者さんに勇気を与えています。

CBD含有のてんかん治療薬「エピディオレックス」とは

エピディオレックス
CBDオイル

この難治性てんかんの治療薬として先進しているのが、イギリスのGW社が開発した「エピディオレックス」です。成分は高濃度なCBDオイルほぼ替わりはありませんが、安全性やてんかんへの研究が認められ、正式な治療薬として、アメリカでは処方箋薬局でも販売がされています。小児てんかんの治療薬ということで、ストロベリーフレーバーの飲みやすいテイストになっているんですよ。

エピディオレックスは企業論文を公開しており、14週間の継続摂取をおこない発作回数をカウント。化学薬品の別のてんかん治療薬で発作回数が13%減だったのに対し、エピディオレックスは39%減という結果になったそうです。

GW社は古くからCBDの医療目的での研究を続けている企業のひとつ。エピディオレックスは今後の医療大麻やCBD療法を広める役割も担っているのです。

CBD治療薬が日本で使用許可されるのか?予想

エピディオレックス
CBD
自然療法

現在、日本てんかん協会をはじめ、さまざまな機関や医療従事者から、CBD含有のエピディオレックス日本承認要請が、厚生労働省に申請されています。難治性てんかんにはなかなか治療薬がなく、患者さんは平均1日3つ以上の化学薬品を摂取しているにもかかわらず、発作におびえ苦しみながら生活しているのだそうです…

日本では大麻由来の製品は医療目的での研究、実験、処方などが禁止されているのが現状。ただし、現在多数機関からエピディオレックスの許可申請が提出されていることから、戦後初めて国内での臨床実験が検討されているんだとか!もし実際に実験まで進むことができれば、これは日本の規制を大きく変える分岐点となるかもしれません。

日本ではCBD製品や大麻医療に対する規制がとても厳しく、その影響で他国に比べ市場への進出や研究にかなり遅れをとっています。もし、エピディオレックスの医療目的での使用許可がされてば、CBDという自然療法の更なる発展へとつながるでしょう。

ただし、エピディオレックスはこれまで企業論文が提出されているだけで、医療論文がないという点や、あまりに高濃度の過剰摂取によって頭痛や吐き気などの副作用が生じた患者さんもいることからまだまだ研究が必要と考えられている現状もあります。日本で臨床実験が進められたとしても、使用許可がおりるまでには長い道のりとなりそうです。

最後に

CBDオイル
CBD製品
てんかん

今回はCBDのてんかんに関わる情報をお伝えしてきました。日本では、CBD製品は日常生活の心と体をサポートをしてくれる天然成分というイメージですが、海外では歴とした医薬品としても役立てられているのですね。難治性てんかんに苦しく患者さんたちのためにも、CBDの日本規制の見直しや臨床実験が実行されることを祈っています。

CAMYU
~Organic Hemp CBD Oil & Skin Care~

Instagram camyu.cbd

CBDの妊娠中や授乳中の使用について

CBDと妊婦
CBDオイル

今回はCBD製品の妊娠中や授乳中の摂取について記載していきます。FDA(アメリカ食品医薬品局)が推奨する安全なCBDの摂取方法とは一体どういったものなのでしょうか?元気な赤ちゃんのためにも、ぜひチェックして見てくださいね。

【目次】

1.妊娠中にCBDを摂取しても大丈夫?

2.FDAの研究結果

5.最後に

妊娠中にCBDを摂取しても大丈夫?

CBDオイル

妊娠や出産は女性にとって人生の一大イベント。元気な赤ちゃんに出会えることはとても素敵な出来事ですが、同時に体調の変化の戸惑い悩む人も多いですよね。つわりや貧血、食欲の増減の他にも、頭痛や腹痛などの症状が伴う場合もあります。生理中と似た症状もあることから、安全な天然成分のCBDを摂取したいと考える人は多くいます。でも、残念ながらCBDの妊娠中や授乳中の摂取は推奨されていないのです。

その理由の1つが、国内でCBDを熟知している専門医がいないということが挙げられます。日本ではまだCBDが普及し始めたばかりでということもあり、医療機関での取扱も少なく知名度も高くありません。そのため、妊娠中や授乳中にCBDを摂取し、万が一なにか問題が起きた場合に対応できる医師がいないのです。より安全を期すためにも摂取しない方がいいということですね。

CBDグミ
子供とCBD

また、アメリカではてんかんなどの疾患がある場合を除いて、乳幼児~青年までのCBDの使用は禁止されています。アメリカで人気の高かったCBDのエディブル製品(食品)などは日常的に摂取しやすく便利な製品なのですが、子供がおやつとして誤って食べてしまう事例が増えたことから、現在は規制が見直されているんですよ。このことからもわかるように、アメリカでは子供にはCBDの摂取を避けているのですね。

まだCBDが研究段階にある未知の成分のため、まだまだ調査が必要です。母体を通して、CBDが胎児や赤ちゃんに影響を与えるかどうかについては、次の項目で詳しくご紹介させていただきますね。

.FDAの研究結果

FDA
CBD

FDAとはFood and Drug Administrationの略で日本語ではアメリカ食品医薬品局と呼ばれています。日本でいう厚生労働省のような役割を果たす機関で、CBDについての規制を担っています。

このFDAの公式サイトにはCBDが胎児に与える影響についての記載が書かれています。

●母親が授乳期にCBDの摂取を続けていると、母乳を経由して赤ちゃんに影響を与える可能性がある

●妊娠中にCBDを摂取すると、男の子の胎児の成長に影響を与える可能性がある

https://www.fda.gov/consumers/consumer-updates/what-you-should-know-about-using-cannabis-including-cbd-when-pregnant-or-breastfeeding

またCBDを摂取すると得られる効果の中には、妊娠中や授乳中には危険なものもあります。睡眠導入効果は育児などの事故に繋がる場合もあります。鎮痛作用で微妙な体の変化に気付かず、切迫早産などに陥るケースも。特に妊娠中は人によって症状がさまざまなため、あらゆるリスクを考慮する必要がありますよね。

妊婦とCBD
CBDの胎児への影響

CBDが抽出されているヘンプと同類植物であるマリファナは、母体や母乳を通して胎児や赤ちゃんに影響を与えることがわかっています。未熟児や脳の機能障害が発生している事例も存在していることから、大麻草の扱いには充分注意が必要と考えられます。

人体にポジティブな影響を与えることがわかっているCBDですが、妊娠中や授乳中への影響はまだまだ研究が必要なのですね。FDAのホームページでも、CBDが胎児に与える研究に付いては未だ不十分な部分が多く、利用にはリスクを伴うと謳っています。妊娠中や授乳中の体調不良は辛いですが、かかりつけの医師と相談してCBD以外の改善方法を探してみてくださいね。

最後に

CBDオイル

今回はCBDを妊娠中や授乳中に摂取することについて詳しくお伝えしてきました。体調が悪くなる時期にはCBDを摂取したくなってしまいますが、赤ちゃんのためにも控えるようにしてくださいね。

CAMYU
~Organic Hemp CBD Oil & Skin Care~

Instagram camyu.cbd