紫外線、CBD、美白、日焼け、シミ、シワ、そばかす、乾燥

CBDで美白習慣!夏の紫外線を徹底ケア!

肌老化の現任の約8割が“紫外線”ってご存知でしたか?抗酸化作用の高いCBDで厳しい夏の紫外線を徹底的にケアしていきましょう!紫外線は肌を黒くしたりシミを作るだけでなく、シワや乾燥など年齢肌の原因となり、また体内を酸化させて疾患を引き起こします。CBDで体の内側からも外側も徹底ケアし、輝く美白と健康BODYを目指しましょう!

紫外線、CBD、美白、日焼け、シミ、シワ、そばかす、乾燥

CBDで紫外線を徹底ケア!効果とは?

紫外線、CBD、美白、日焼け、抗酸化作用

紫外線の強い夏は外出も大変ですよね。 CBDで紫外線のケアをする方法をお伝えする前に、まずは紫外線や日焼けを仕組みを知って、より効率的にお手入れをしていきましょう!

紫外線はシミやそばかすの原因になるだけでなく、乾燥やシワ、老化の根源とも言える肌の天敵。実は肌の老化の原因の約8割が紫外線(A波とB波)によるものだということをご存知ですか?これは、肌の老化は加齢によるものが約2割で、それ以外のほとんどが紫外線によるものということを指しています。

人によっては紫外線を浴びるとすぐに黒く焼けてしまうタイプの人がいますよね?肌が黒くなるということは、基底層と呼ばれる肌の奥で生成されるメラニンが分泌されているということです。肌の奥まで紫外線が届いているため、メラニンが分泌されて肌を黒くし、体の細胞を守ろうとしている現象なんですよ。つまり、紫外線が基底層に届くまでに通過している表皮から中間部分にかけては既にダメージを受けてしまっているということなんです。

逆に肌が赤くなり、数日するとすぐにもとの肌色に戻る人もいますよね?「肌が黒くならないからダメージがない」ということではないんです。こういうタイプの人はメラニンの生成が少なく、肌細胞を防御する機能が弱いということ。つまり、紫外線を浴びる度にダイレクトダメージを受けてしまうということなんです。タイプは違えど、紫外線は肌にダメージを与えているのですね。

こうした紫外線のダメージはどうしておきるのでしょうか?それは、肌の“酸化”が大きく関係しています。ここで登場するのが高い抗酸化作用が期待されるCBD!次の項目では、紫外線の酸化とCBDの抗酸化作用について詳しくご紹介します。

CBDの抗酸化作用

紫外線、CBD、美白、日焼け、抗酸化作用、活性酸素、免疫向上、コラーゲン

CBDの抗酸化作用について詳しくご説明していきます。 人は呼吸や毛穴、食事などからも酸素を体に取り込んで生活しています。そして体内に取り込まれた酸素の内、約2%は活性酸素になるといわれています。活性酸素はもともと、体内で重要な役割を果たしており、免疫力の向上や感染予防などに必要な要素です。

でも、紫外線によって活性酸素が過剰に生成されたり活性化すると、肌へのダメージとなり、自分自身の細胞までも連鎖的に傷つけてしまうのです。例えば自転車をお手入れせずに放置しておくとチェーンなどが錆び付いてしまいますよね?これは酸素が鉄を酸化させてしまったため。簡単に説明すると、人間の体も自転車と同じように、紫外線などが原因で体内の活性酸素が過剰分泌され、体が酸化し錆び付ついてしまうということなんです。

肌には保護層と呼ばれる角質や皮脂膜などのバリアが存在します。紫外線による酸化が原因でこのバリアが破壊されると、肌表面の水分が蒸発し免疫力が低下。刺激や細菌は難なく肌から進入してくることになり、また、ハリや弾力を保つコラーゲンは分解されて減少してしまいます。日焼けで痛んだ肌は美白ケアされたハリのある肌に比べてコラーゲンが少ないのは、紫外線が大きく影響しているのですよ。

紫外線、CBD、美白、スキンケア、抗酸化作用、紫外線ケア、アンチエイジング

こうした活性酸素の働きを抑制するのが、CBDにも備わっている抗酸化作用です。実はこの抗酸化作用を司る抗酸化防御機構はもともと人間に備わっており、活性酸素とのバランスを保つことで細胞を守ってくれています。でも、紫外線や加齢が原因で抗酸化作用は低下し、活性酸素が浸食してくると、お肌のシミやシワ、乾燥などの年齢肌となって現われるのです。 足りない抗酸化作用を体内に取入れるためには、体の外から摂取するほかありません。そこでCBDが注目されているワケなんです。

というのも、今まで抗酸化作用が高いといわれてきた成分、ビタミンC/Eやβカロチンなどに比べ、CBDはなんと約5倍以上の抗酸化作用があるといわれています。CBDを摂取することは、不眠症改善やリラックス効果だけでなく、紫外線ケアにも充分な成果が期待できるということですね。最近はエステなどでもエイジングケア目的でCBDを取入れているサロンも増えてきましたが、それはこの抗酸化作用の効果を期待しているからなんです。 次の項目では、抗酸化作用の高いCBDをより効果的に摂取するために習慣づけたいポイントをご紹介します。

CBD美白!簡単習慣【朝昼晩別】

紫外線、CBD、美白、スキンケア

ここでは実際にどのようにCBDを美白習慣に取入れればよいのか詳しくご紹介します。以外と知られていない、普段やってしまっている習慣も見直してみることで、CBDの抗酸化作用をより効果的に取入れることができますよ。CBDを習慣づけて、健康的でハリのある美白肌を目指しましょう!

【朝】食事と化粧品に注意

ビタミンC、美白、光毒性、紫外線、ソラニン、CBDオイル

美白にはビタミンが良いというのは有名な話ですよね。でも実はここに大きな落とし穴があるんです。ビタミンCといえば、オレンジがグレープフルーツ、レモンなどを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?でも実はこうした柑橘類には「光毒性」という性質があるものが多く、シミの原因をつくりだしてしまうのです!これは、柑橘類に含まれる”ソラニン”と呼ばれる成分が原因で、紫外線の感受性を高め、蓄積させる作用があります。そのため、日中仕事や活動をおこない紫外線を浴びる可能性がある“朝”に摂取するのはNG。

特にお肌にはソラニンが定着する時間が長く、ダイレクトに紫外線へ影響してしまうので、柑橘類の含有されている製品は控える用にしましょう。光毒性が取り除かれている製品や影響のないレベルの含有量の場合もありますが、表記がない場合は確認するか朝の使用を控えるのがおすすめです。(CAMYUのCBDフェイス&ボディーオイルGLOWにはグレープフルーツ果皮油が含まれており、紫外線の影響がないレベルの含有量ではありますが、念のため朝のご利用は推奨しておりません。 CAMYU CBDフェス&ボディOIL GLOW)

朝は柑橘類の入っていないCBDコスメの他に、体内摂取型のCBDオイルを取入れるのがおすすめです。CBDオイルは中鎖脂肪酸と一緒に摂取することでより吸収率が高まるといいます。中鎖脂肪酸はMTCオイルやオリーブオイル、ココナッツオイルなどに含まれている、燃焼が早く蓄積されにくい脂肪のこと。朝食のサラダにオリーブ油とCBDオイルを掛けて食べたり、スムージーにココナッツオイルとCBDオイルを一緒にミックスさせるのもおすすめですよ。また、CAMYUのCBDオイルには冬虫夏草と呼ばれる強力なエイジング効果が期待できる天然成分も配合されていて、美白・美肌のケアに嬉しい配合となっています。
CAMYU CBD OIL AMマッシュルームブレンドの詳細はこちら

【昼】外出先でも小まめなケア

抗酸化作用、紫外線、CBDスキンケア、オーガニックCBD、CAMYU

紫外線の恐ろしい点の1つが、肌へのダメージの早さです。実は紫外線が一瞬当たるだけでも、肌に確実にダメージを与えてしまいます。「通勤時間が短いから」「ちょっとコンビニに行くだけだから」と軽く考えて、日焼け止めを塗らないのはとても危険なんですね。 また、いくら日焼け止めをしっかり塗っていても、効力の時間が過ぎてしまったり、塗りムラがあったり。丁寧に塗っても100%紫外線をカットできるわけではないのです。そのため、日中も小まめに何度か日焼け止めを塗り直す必要があり、また紫外線をカットするだけでなく抗酸化作用もプラスしたケアがベストと言えるでしょう。

こんな時は、抗酸化作用の高いCBDのスキンケイアグッズを小分けにしてポーチに入れておくのがおすすめですよ。オフィスの中や室内でも窓から紫外線は侵入してきます。そのため、お手洗いの際などに、気になる部分にちょんちょんと塗ってあげると、CBDの抗酸化作用が紫外線による肌の酸化を予防してくれますよ。特に頬のトップなど乾燥しやすい部分は紫外線からのダメージを受けやすくシミになりやすい部分です。また、ケアを忘れがちな首元や耳などに分布するのも大切ですね。

CBDのスキンケイアグッズは日本ではまだ数が少ないですが、添加物が入っていないオーガニックなものを選ぶようにしましょう。添加物の中には紫外線に当たって化学変化を起こし、シミの原因となってしまう成分もあるんですよ。また、【朝】のケアでもお伝えした理由で、柑橘系の成分が入っているアイテムの利用も控えるのがベスト。CAMYUでは外出先でも簡単ケアができるアイテムをご用意。持ち運び用のロールオンタイプのCBDはポーチにすっぽり収まるサイズで、オーガニックアロマの香りと共にコロン感覚でスキンケアができます。
CAMYU CBDロールオン VENUSの詳細はこちら

【晩】睡眠中の修復効果を高める

紫外線、CBD、美白、スキンケア、睡眠、CBDオイル、

人は睡眠中に肌を含めた体の修復/回復作業をおこなっています。紫外線によってダメージを受けた肌は、夜寝ている間に修復されているということですね。日焼けをしてもいつの間には元の肌色に戻っているのは、こうした夜の修復作業のおかげ。そのため、質の良い睡眠はとても重要なんですよ。

良い睡眠には自立神経が大きく関わっています。日中に活発となる交換神経と、睡眠中やリラックス時に優位にたつ副交感神経でなりたっている自立神経は、このバランスがとても重要です。ストレスなどによっていつまでも交換神経が活発に動いていると、なかなか寝つけなかったり、熟睡できません。海外では不眠症にも用いられるCBD。自立神経のバランスを整えてリラックスさせる作用があり、夜の寝る前に摂取することで、心地良い入眠と熟睡が期待できます。100%カットするのが難しい紫外線も、CBDで質の良い睡眠をとることで、その日のうちにケアできるのです。睡眠の30~1時間前にはCBDオイルを舌裏に垂らすなどして、ゆったりした時間を過ごしてみましょう。

また、シャワーを浴びた清潔で温まった肌にCBDを吸収させてあげるのもとても大切。CBDは現在の研究で少なくとも表皮1cmまでには浸透するといわれています。そのため、シミシワができる表皮深くまでお手入れできるんですよ。CBDのリラックス効はもちろん、CAMYUの商品は天然アロマが配合された贅沢な香りも楽しめます。CBDと一緒に嗅覚から脳への刺激はリラックス効果を高めてくれる相乗効果が期待できますよ。ぜひお気に入りの香りを見つけてくださいね。
CAMYU CBDフェイス&ボディOIL GRACEの詳細はこちら

最後に

紫外線、CBD、スキンケア、美白

今回はCBDの紫外線ケアについて詳しくお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?夏の間にしっかりケアしておくのは大人肌の基本です!CBDを使って、体の内側からも外側からも徹底ケアしていきましょう!

CBDで食欲抑制ダイエット?!PMSや生理中の食欲コントロールにも!

前回に引き続き、CBDとダイエットについて、今回は特に“食欲抑制”にフォーカスをあててご紹介していきます。イライラしたり生理前などは過度に食べてしまう・・・自宅自粛やテレワークでついつい何かつまんでしまうという方もいますよね?ダイエットしたいけど食べ過ぎてしまう、その食欲に、CBDは優しく作用しダイエットをサポートしてくれるんですよ。CBDで食欲が抑制される理由や、PMSや生理中への効果などもご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ダイエット
食欲抑制
痩せたい
CBDオイル
PMSとCBD
CBDとダイエット
【目次】
  1. CBDで食欲抑制ダイエット?過度な食欲の原因は?
  2. CBDで食欲が抑制される理由とは?ダイエットへの利点も!
  3. PMSや生理中もCBDで食欲コントロール?
  4. 最後に

CBDで食欲抑制ダイエット?過度な食欲の原因は?

ダイエット
CBDと美容
食欲抑制
冷え性
肌のトラブル
ストレス
ヘルシーな食生活
食べ過ぎ 過食症

CBDには医学や美容の面においてさまざまな効果があるとされていますが、その中でも今回はダイエットに大きな関係がある“食欲抑制”についてお伝えしていきたいと思います。

ダイエットをする上で、健康的でバランスのいい食事は必要不可欠。「食べずに体重を減らす」のはカラダへのリスクが大きく、美しいやせ方ではありませんよね。人間にとって食べることは栄養やエネルギーをカラダに取入れることであり、生きていく上でとても重要な要素です。ただし、人はさまざまな理由によって“過度な食欲”“不要な栄養摂取”をおこなってしまうことがあります。これは体重増加や体型変化だけでなく、カラダの内側では皮下脂肪・内臓脂肪の蓄積、燃焼しにくいカラダ(冷え性)、肌トラブルや最悪の場合病気を患ってしまう可能性もあるのです。

そんな過度な食欲が起こる大きな原因の1つが、ストレスにあるとされています。人はストレスを感じると、脳の“大脳辺緑系”とよばれる部分が刺激され、ホルモンの一種であるドーパミンが過剰分泌されます。このドーパミンが摂食中枢に作用することで食欲が増加してしまうんです。更に、満腹中枢に作用し食欲を安定・抑制させるレプチンというホルモンは、ストレスによってその働きが抑制されてしまいます。人はストレスを感じるとドーパミンの過剰分泌とレプチンの抑制によるダブルパンチで、食欲抑制ができなくなってしまうということですね。

そこで登場するのがCBD!CBDは体内の細胞レベルに働きかけることで、食欲をコントロールしてくれるだけでなく、ストレス軽減もサポートしてくれるのです。次で詳しくお伝えします。

CBDで食欲が抑制される理由とは?ダイエットへの利点も!

食欲コントロール
自律神経調整作用
自律神経の乱れ
ダイエットとストレス

CBDと自律神経

上記ではCBDを摂取することで、ストレスによる過剰な食欲をコントロールしてくれるとお伝えしました。でも一体どうしてCBDは食欲抑制に効果があるといわれているのでしょうか?それはCBDの自立神経調整作用と大きな関係があります。

実はストレスによって刺激を受けて過剰分泌されるドーパミンや、働きが抑制されてしまうレプチンなどのホルモンは、基本的に自律神経のバランスの乱れに連動しています。そのため、自律神経を整えてくれるCBDを継続的に摂取すれば、過度な食欲は抑制され、カラダに必要な栄養素を欲する“健康的な食欲”へと促してくれるのです。

また、CBDには睡眠導入効果やリラックス効果が期待されており、ストレスを軽減するサポートもしてくれるます。ダイエットをするためには、ストレスを溜めないことが第一条件。CBDはストレスを溜めずに、楽しみながら健康的なダイエットするための心強いアイテムと言えますね。肌への美容効果も加わり、美しくダイエットするための利点がたくさん備わっていますよ。

CBDは食欲軽減だけでなく、燃焼しやすい脂肪作りもサポートしてくれるんです。これについての詳しい内容は、以下の関連記事から併せてご参照くださいね。

CBDで脂肪燃焼!

PMSや生理中もCBDで食欲コントロール?

PMS
ホルモンバランスの乱れ
CBDとホルモン
恒常性のコントロール
CBDで食欲コントロール

女性にとって、PMS(生理前症候群)や生理中は体調の変化があって辛いことも多いですよね。ダイエットの面でも、「生理前になると甘い物が食べたくなる」「生理になると辛い刺激物が欲しくなる」という女性は多いようで、ついつい食べ過ぎてしまいがち。実はこの過食症状もホルモンバランスの乱れによるものなんです。

そもそもCBDとはECSに作用するとお話しましたが、これは体内のホルモン量を直接作用する働きがあるということに繋がるのです。CBDが主に作用できるとされているホルモンには、コルチゾール、インシュリン、メラトニンなどがあげられます。CBDがこれらのホルモンに働きかけることで、睡眠、食欲、記憶、体温、心拍など“恒常性”のコントロールをしてくれるんです。つまり、女性がPMSや生理中の場合でもCBDは恒常性の調整・改善をおこなってくれるということ。もちろん1回摂取しただけでは速効性は期待できませんが、継続することで徐々に細胞レベルでの変化が期待できるというワケ。もちろん、CBDは天然成分のため、副作用の心配もなく、毎日安心して摂取することができるのです。

ただし、PMSや生理中はカラダの血液が増加したり、卵子が入れ替わるために子宮が一生懸命働いている状態です。そのため通常時よりも栄養が必要となり、食欲が多少増加することは当たり前のことなんです。「ダイエット中なのに甘い物を食べてしまった…」などと落ち込むことはストレスとなる可能性が…CBDで食欲をコントロールしながらも、自分のカラダの声を聞きつつ、欲しているものは適量摂取するのがおすすめですよ。 ダイエットは長期的かつ健康的におこなうことで、リバウンドもなく食欲も安定します。ダイエットを成功させるためにも、ストレスを溜めずに継続することが大切です。

最後に

今回は「CBDで食欲抑制ダイエット」について詳しくお伝えしてきました。余分に栄養を摂り過ぎてしまう、過度な食欲にはストレスが関係していたのですね。また、PMSや生理中など、女性のお悩みにも優しく作用してくれることがわかりました。健康的にダイエットしたいと考えているかたは、せひチェックしてみてくださいね。

また、美BODYを目指すダイエットとCBDについての関連記事については、以下も併せてご覧下さい。

CBDとダイエットで美BODYを!

CAMYU
CBDオイル
アンチエイジング

CBDでダイエット!健康的で美しいBodyを目指そう!

今回はCBDでおこなうおすすめのダイエット方法についてご紹介していきたいと思います。以前別の記事でお伝えしたとおり、CBDにはダイエットをサポートしてくれる有効成分が含有されており、健康的な美Bodyへサポートしてくれるんですよ!そうした情報を踏まえ、今回は「CBDの活用法」「ダイエットにおすすめの選び方」について詳しくお伝えしていきます。

ダイエット方法
CAMYU
CBDとダイエット
美ボディ
CBDの活用法
【目次】
  1. CBDでダイエット?!効果についておさらいしよう!
  2. ダイエットにおすすめ!CBD製品の3つの選び方
  3. CBD×●●でダイエット!活用法をご紹介!
  4. 最後に

CBDでダイエット?!効果についておさらいしよう!

CBDダイエット
脂肪燃焼効果
食欲コントロール
新陳代謝アップ
ホルモンバランス

以前別の記事でお伝えしましたが、CBDのダイエットへの効果について少しおさらいしてみましょう!CBDの効能のうち、ダイエットをサポートしてくれる効果は大きく分けて2つあります。

  • 脂肪燃焼効果…燃えにくい脂肪から燃えやすい脂肪へと変換する“脂肪細胞褐色化”を促し、体内脂肪の燃焼をサポート
  • 食欲コントロール…自立神経を整えることで、ストレスなどからくる暴飲暴食を抑え、健康的な食欲へと導く

さらに上記2つ以外にも、新陳代謝をアップさせたり、ホルモンバランスの乱れを整えたりすることで、ダイエットをサポートしてくれるんですよ!
それではこうした効能を踏まえて、以下ではおすすめの製品の選び方についてや、活用方法についてご紹介していきたいと思います。 また、CBDのダイエットへの効能などについては、以下の記事により詳しい内容が掲載されていますので、併せてご覧ください。
CBDのダイエットへの効果についてはこちら

ダイエットにおすすめ!CBD製品の3つの選び方

ダイエット
CBDダイエット
カンナビノイド
テルペン

ダイエットにCBDを利用したいと考えていても「どんなものを選べば良いかわからない」という人も多いのではないでしょうか?CBD自体が日本で生産されない成分のため、100%海外に頼っており、製品を見極めるのは難しいところがあるのが事実です。そんな中で「どれがダイエットに向いているの?」「安全に長く利用したい」などという不安を解消するため、簡単な製品の選び方を3つご紹介します。

1.製法で選ぶ
ダイエットをするためにとても重要な要素となるのが、体の不純物を取り除くということです。体内に残る不純物は血流の流れを滞らせたり、不要な脂肪を蓄積させる原因ともなってしまいます。ダイエットにCBDを利用するなら、まずは不純物や成分の心配がなく安心して利用できる製品を選ぶのが基本となりますね。CBD製品はその製法によって含有されている成分が異なります。

基本的な製法は以下の3種類。

  1. フルスペクトラム製法…THCを含む、ヘンプの全カンナビノイドやテンペルなど栄養素が含有されている
  2. ブロードスペクトラム製法…THC以外の、ヘンプ全カンナビノイドやテンペルなどの栄養素が含有されている
  3. アイソレート製法…CBD以外の全てのカンナビノイドやテンペルを排除。純度の高いCBDを摂取できる

まず、フルスペクトラム製法は日本で利用が禁止されているTHCが含有されているため、国内使用はできません。でもECサイトなどではフルスペクトラム製法の表記をしているショップもあるため、充分注意してくださいね。
ブロードスペクトラムがTHCが含有されておらず、国内でも利用が可能です。実はCBDはその他カンナビノイドやテルペンと一緒に摂取することで相乗効果を生み出すとされ、より高い効果が期待できるんです。ただし、日本ではブロードスペクトラムを敢えてフルスペクトラムと表記して販売していたり、ショップ自体もあまり製法を理解せずに販売しているところもあり、少し心配が残ります。

その点、アイソレート製法CBDのみを抽出した純度の高い製品です。その他の成分を残していないため、誤って不純物が混入する恐れもほとんどなく、安心して利用することができますよ。特にダイエットに利用した人は毎日継続的にCBDを摂取する必要があるため、できるだけ安全に利用できるものを選ぶところからスタートしましょう!


CBDの製法や抽出方法についてはこちら

香りやフレーバーがあるものを選ぶのが◎
ダイエットを効率良くすすめるために、食事制限などをする人も多いですよね。でも、女性はホルモン周期なども関係して、無性に甘い物が食べたくなったり、刺激物が欲しくなったりしませんか…そんな衝動を少しでも紛らわすには、フレーバー付きのCBDがおすすめ!
CBDはもともと植物由来なので苦みや青臭さが残っている製品も多いのですが、最近はフルーツやアロマのフレーバーが香るものも多いんです!衝動的に何かを食べたい時も、フレーバーで嗅覚を刺激してあげることで少し欲がおさまりやすくなります。もちろん我慢のしすぎはストレスの原因となってしまいますが、<strong.何度かに1回はこうしてCBDで香りを体内に取り込み代用してみてくださいね。
ただし、フレーバーを付けるために添加物を利用していては、体にとっては悪影響フレーバーや希釈剤もオーガニックなものを選ぶのがおすすめですよ。

CBDスキンケア
セルライトCBDマッサージ
CBDオイル
オーガニックCBDオイル
無添加フレーバーCBDオイル

CBDオイルは内からも外からも摂取
ダイエットには体内に取り込むCBDオイルと、外から分布する CBDオイルの二等使いがおすすめです! CBDの体内摂取がダイエットをサポートしてくれることをお伝えしましたが、CBDオイルを舌の裏に垂らして利用することで、より効果的に成分を体内に取入れることができます。舌の裏の毛細血管がCBD素早く浸透させてくれるとされ、胃や肝臓を経由するエディブル系のCBDよりも効果が高いと言われています。CBD Vapeも人気が高いですが、実は日本禁煙学会も使用注意を呼びかけている製品で、肺炎や喉の痛みの原因となることもあります。ダイエットで体調が変化する際には安心して使えるCBDオイルがおすすめです。

また、外から摂取する肌に塗るタイプのCBDはマッサージなどにとっても便利◎ お腹周りや太ももなど、筋トレでは落ちないセルライトはマッサージが効果的とされています。CBDが配合されたボディーオイルなら滑りもよくてセルフマッサージをより効果的におこなうことができます。CBDは肌に分布することで表皮約1cmにまで浸透し、抗炎症作用やスキンケアはもちろん、血流を良くして脂肪燃焼を促してくれるんです!CBDにはローションやバームなどの製品もありますが、への負担とマッサージのしやすさを考えると、肌用のCBDオイルがおすすめです。

CBD×●●でダイエット!活用法をご紹介!

CBD活用法
CBDとヨガ
CBD朝ヨガ
血行促進
痩せやすい体作り
CBDの相乗効果

ダイエットにおすすめのCBD製品の選び方についてご紹介したところで、次は活用方法についてお伝えしていきたいと思います!お家でも簡単に取入れられる方法なので、是非取入れてみたくださいね!

CBD×朝ヨガ
CBDとヨガはとっても相性が良いことは以前別の記事でもお伝えしていますが、ダイエットにはCBD×朝ヨガがおすすめ!というのも、朝は血圧が上がらず血流も悪いため代謝がよくありません。そこで朝にヨガをするだけで、血行がよくなり新陳代謝もUP!痩せやすいカラダ造りに効果的なんですよ!CBDを摂取してからゆっくりとヨガでカラダをほぐしてあげれば、相乗効果でより血行促進されるため、代謝をアップさせた状態で一日をスタートすることができますね。


CBD×マッサージ
CBDはマッサージとも相性が良く、ヨガ同様に相乗効果が期待できます。ダイエットの時に気になるのがセルライトや脂肪…実はこれ、蓄積歴が長ければ長いほどおちにくいんだそうです。しかも運動や筋トレだけではなかなか落ちない強者。そんな固まったセルライトにはマッサージが効果的なのだそうです。

実際に少し痛いくらい絞るように5~10分ほどマッサージしてみるだけでも見た目が変わることもありますよ!CBDオイルが血行を促してくれるため、通常のアロマオイルなどを用いるよりも効果が期待できるとされ、最近ではエステサロンなどでも取入れられています。就寝時のお休み前にマッサージしてあげると、リラックス効果も加わり睡眠の質改善にもおすすめです。

CBDとマッサージ
CBDオイルと血行
睡眠の質改善

CBD×持ち歩き
ダイエットに大きく影響する代謝ですが、ダイエットをしたいと思う女性の多くが冷え性などを抱えて代謝が悪いという調査結果があります。女性が男性に比べて筋力が少なく冷え性になりやすいんですね。冬はもちろんですが、デスクワークやエアコンの影響で夏でも手先が冷たいと言う人も少なくありません。

脂肪は燃焼されることで消化され、冷えて冷たい状態では蓄積していくばかり。そのため、手先や足先が冷たい状態では「脂肪が蓄積され続けている」と言っても過言ではないのです!仕事の合間など少し冷えを感じたら、スキンケア用のCBDをハンドクリーム代わりに塗ったり、すこし足首に分布して軽くさすったり、足首を回してみるだけでも改善がみられます。数回では効果を感じないかもしれませんが、継続することでだんだんと冷え性の改善を見込むことができ、結果的にダイエットに必要な代謝の良いカラダ造りへと繋がりますよ。この場合CBDオイルやバームだとべたつきを感じるかもしれませんので、ローションなど吸収率がいいものがおすすめです。

女性の冷え
CBDスキンケア
CBDダイエット
CAMYUCBD
効果的なダイエット法

最後に

今回はCBDを利用したより効果的なダイエットの方法や、製品の選び方についてご紹介しました!どれも簡単に取入れられるものばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

どんなCBD製品を利用するとしても、安全性には充分な注意が必要です。信頼できる企業や製造場所でオーガニックにこだわりがある製品がおすすめです。

CAMYUの飲用CBDオイルは濃厚なアロマが香るオーガニック製品。利用するだけで女性らしさがアップするような芳醇な自然の香りを楽しむことができるアイソレート製法の製品です。またスキンケア用のCBDオイルも高級な精油やエッセンシャルオイルがブレンドされているオーガニック製品で、マッサージ用としてもおすすめです。肌の調子を整えながらマッサージを楽しむことができ、洗い流さなくても朝にはしっかり吸収されてもっちり肌を体感できます。少し手の平を温めた状態でお使いいただくと、じんわりオイルが温まり、マッサージ部分の血行を感じることができます。ぜひチェックしてみてくださいね。

Camyu CBDオイルはこちら
Camyu CBDスキンケアオイルはこちら
Camyu CBD持ち運び携帯用はこちら

チャガマッシュルームが奇跡の栄養宝庫と言われるワケとは?

皆さんはチャガ(チャーガ)マッシュルームって聞いたことがありますか?古来から自然療法にもちいられてきた薬用キノコのひとつで、実はとても凄い効能が隠されているそうです!今日は、CamyuのCBDオイルのAMマッシュルームブレンドにも含有されているチャガマッシュルームについてお伝えしていきたいと思います。

チャガマッシュルーム
薬用キノコ
CBDオイル
camyu
自然療法
AMマッシュルームブレンド
【目次】
  1. チャガマッシュルームって一体なに?
  2. チャガマッシュルームは奇跡の栄養宝庫?有効成分について
  3. チャガマッシュルームの効能とは?
  4. チャガマッシュルームとCBDの相乗効果って?!
  5. 最後に

チャガマッシュルームって一体なに?

チャガマッシュルーム
スーパーフード
キノコ
CBDオイル
camyu
シベリア霊芝

チャガマッシュルーム(チャーガマッシュルーム)は和名ではカバノアナタケと呼ばれる白樺の木に寄生するキノコの一種です。5000年以上前からシベリアで用いられてきた伝統的な植物で、別名シベリア霊芝とも呼ばれています。チャガというのは“古い幹にできる黒いコブ”を意味していて、実際にキノコというよりは、木の幹が黒く変色したような見た目をしています。白樺の木に寄生し栄養を吸い尽くして木本体を枯らせてしまうほど生命力の強く、また、寒いロシアで15年以上も生きられるほど栄養を蓄えているチャガマッシュルーム。かなり希少価値が高く、なんと白樺約20,000本に1本ほどしか発見できないんだとか!

ネットで取扱のあるショップをみても「入荷がわかり次第ご連絡します」と記載されていることが多々あり、安定的な供給が難しいことがわかりますね。希少価値が非常に高く、また、栄養を蓄えているチャガマッシュルームですが、“奇跡”と呼ばれる栄養宝庫には一体どんな有効成分が含まれているのでしょうか?次の項目で詳しくお伝えしていきますね。

チャガマッシュルームは奇跡の栄養宝庫?有効成分について

アイヌ
チャガマッシュルーム
スーパーフード
CBD
camyucbd

ロシア、アイヌ族が薬として携帯し、現在も薬用として認知されているチャガマッシュルーム。奇跡の栄養宝庫と言われるチャガマッシュルームですが、一体どんな成分で形成されているのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

  • SOD(抗酸化酵素)
  • βグルカン
  • ベツリン酸
  • 水溶性リグニン
  • βカロテン
  • エルゴステロール
  • フラボノイド
  • イノシトール


これだけ見てもイマイチぴんと来ない成分が多いですよね。実はチャガマッシュルームの特徴のひとつが、この“日常では摂取できにくい栄養の宝庫”ということなんです。身体に良いとされている食物がたくさんあり、またビタミンやミネラルなど、人間に必要な栄養素はたくさんあります。でも、日常生活の中では摂取しにくいのに身体には必要な栄養素もたくさん存在するのが実情です。
そうした栄養素は食事の改善などで摂取することはなかなか難しく、意識的にサプリや薬で補う必要があるんですね。豊富な栄養を化学薬品を使わず天然成分として摂取することができるチャーガマッシュルームが、自然が造り出す“奇跡”の植物と呼ばれるのにも納得です。

チャガマッシュルームの効能とは?

アンチエイジング効果
抗酸化酵素
SOD
アンチエイジング
免疫力アップ
癌細胞の抑制
チャガマッシュルーム
CBDと相乗効果

上記でご紹介した成分に一体どのような効能が期待できるのかみていきましょう。

【アンチエイジング効果】
チャガマッシュルームに含まれるSODとは抗酸化酵素のこと。以前CBDの別の記事でもお伝えしましたが、ヒトは体が酸化すると体内が錆び付き、シワやシミなどの年齢肌やあらゆる疾患を引き起こすのです。チャガマッシュルームは年齢を重ねるごとに低下していく抗酸化作用をサポートし、体の内側からエイジングケアしてくれるのですね。
ちなみに、これまで抗酸化酵素が含有されてエイジング効果があると言われてきたケールと比べると、チャガマッシュルームに含まれるSODはなんと60倍!ほうれん草と比べると250倍以上にもなるんですよ。

【免疫力の向上】
βグルカンや水溶性グリニンが含有されているチャガマッシュルームには、免疫機能を向上させる働きがあります。もともとβグルカンはキノコ全般に含まれている成分なのですが、中でも高βグルカンと言われるヒメマツタケと比べ、チャガマッシュルームには4倍以上多く含まれているんだとか。 腸内を含めた体内の免疫細胞にダイレクトに働きかけることで、総合的に免疫力を高めてくれるのだそうです。

【がん細胞の抑制】 ロシアでは1960年代に抗がん作用があることがわかり、これはチャガマッシュルームが世界に広がる理由ともなりました。また、エイズウイルスの増殖を抑える効果もあるとされ、さまざまな研究が進められています。
チャガマッシュルームを日常的に口にしていたシベリア地方の人達はガンの発生率が非常に低いそうで、そこから研究が進められたんだとか。抗酸化作用だけでなく、エルゴステロールは大腸ガンの抑制などにも効果が期待されています。

上記の他にも、抗炎症作用や抗アレルギー作用、精神安定作用があるとされており、凝縮された自然の力を摂取できることがわかりますね。こうした働きを見ていると、実はCBDとよく似た効能があることをお気づきではないでしょうか?チャガマッシュルームとCBDはその効能の類にから、同時に摂取することでより効果が期待できるのですよ!

チャガマッシュルームとCBDの相乗効果って?!

ヘンプ
CBDオイル
抗酸化作用
不眠改善
ストレス緩和
天然成分

古来から薬用としても用いられてきたチャガマッシュルームと、近年注目度が急伸中のCBDにはよく似た効能があることがわかりましたね。 抗酸化作用(アンチエイジング効果)や免疫力の向上、抗炎症作用や精神安定作用など、細胞に直接働きかけるチャガマッシュルームとCBDは、同時に摂取することでより高い効果を期待することができます。現在の健康を維持したいという目的だけでなく、以下のようなお悩みがある方にもおすすめなんですよ。

  • シミやそばかす、シワや乾燥などの年齢肌のお悩み
  • 肌荒れ
  • 免疫力の低下を感じる
  • 疲れやすい
  • 夜ぐっすり眠れない(不眠や睡眠の質低下など)
  • 自律神経の乱れ
  • ストレス

チャガマッシュルームとCBDは人工的に造られた化学薬品ではなく、自然が造り出した天然成分で副作用もありません。体質改善には継続して摂取することが大切のため、安心して日常的に利用できるのが嬉しいですよね。

最後に

今回は奇跡の栄養宝庫と言われるチャガマッシュルームについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?さまざまな効能があり、またCBDと一緒に摂取することでより効果的に利用することができるんですね。 CamyuのオーガニックCBDオイルPMには、今回ご紹介したチャガマッシュルームが含有されており、これ一本で両方の効果を期待することができます。ぜひチェックして見てくださいね。

camyucbd
camyuamマッシュルームブレンド
cbdオイル

美容業界も注目する【CBD】のエイジング効果とは?!トレンドはサスティナブル美容!

2020年美容業界も大注目の【CBD】エイジングケアについて徹底調査しました!トレンドのサスティナブル美容とCBDの関係は?CBDはエイジングケアにどんな効果があるの?CBDはどうしてアンチエイジングに良いの?など、詳しくご説明していくので、ぜひチェックしてみてくださいね。

エイジングケア
CBDとアンチエイジング
CBDオイル
【目次】
  1. 美容業界も大注目?!CBDでエイジングケア?
  2. トレンドのCBDでサスティナブル美容とは?
  3. CBDがアンチエイジングに効果的な理由
  4. エイジングケアにおすすめのCBD製品
  5. 最後に

美容業界も大注目?!CBDでエイジングケア?

エイジングケア
アンチエイジング
身体調整能力
ECS
CBDオイル
ストレス緩和
不眠症改善
抗炎症作用
抗酸化作用
鎮痛作用
食欲コントロール
自律神経の調整

日々進化し新しいトレンドが生まれる美容業界ですが、CBDは今年注目されているトレンド成分となっているそうです!特にエイジングケアをはじめる30代以降の女性からの注目度が高いんだとか!既にご存知の方も多いかもしれませんが、まずは簡単にCBDについてご紹介していきますね。

CBDとは麻から抽出される天然成分の一種で、人間の身体に備わっている身体調整能力(ECS)に作用することで、身体的な調整はもちろん、こころのケアやコントロールをサポートしてくれます。2018年にアメリカで合法化され、爆発的人気となったCBD。今回トレンド入りしている美容業界はもちろん、医療の面でも注目を集めているんですよ。主な効果には以下のようなものがあります。

  • ストレス緩和
  • 不眠症改善
  • 抗炎症作用
  • 抗酸化作用
  • 鎮痛作用
  • 食欲コントロール
  • 自律神経の調整
など。このほかにも難治性疾患の治療薬として、実際に取入れている国もあります。 こうしたさまざまな効果が期待できるCBDですが、美意識が高く、トレンドに敏感な女性達の間ではエイジングケアに取入れるのが流行なんだそうです! 最近では女性誌にも取り上げられる機会が増えたCBDは、美容皮膚科やエステサロンでも採用されており、注目度が急伸中なんです!アンチエイジング効果や理由については、後述で詳しくお伝えしていきますね!

トレンドのCBDでサスティナブル美容とは?

CBDのエイジングケア
サスティナブル
持続可能
オーガニックコスメ
ヘンプ
CBD
環境に優しい

美容に敏感な女性達の間に急速に広まっているCBDでのエイジングケア。その理由の1つが、サスティナブルな活動がトレンド入りしていることにあるようです。 以前別の記事でもお伝えしましたが、サスティナブルな活動が、今世界的な目標として掲げられており、最近ではハリウッドスターなども積極的に活動をおこなっていますよね。

サスティナブルとは人間の活動が自然環境や資源に悪影響を与えず、かつその活動を維持できるさまを表す言葉。また、物事がある程度の期間安定して行われるさまをいうこともある。「持続可能」と言い換えることが多い。
引用:weblio辞書

例えば、こちらもトレンドとなっているサスティナブルファッションとは、毛皮や動物を利用した素材を使わず、リサイクルやリユース素材を利用するファッションのことです。
美容界でのサスティナブルは、化学製品ではなく身体に優しい成分で造られたコスメなどを利用することが条件です。農薬などを使わないオーガニックコスメを使うのは大前提ですが、その製法や容器に至るまで環境にやさしい条件を満たす必要があります。
CBDはヘンプと呼ばれる植物から抽出されますが、実はこのヘンプはサスティナブルな植物の代表格とも言える存在なのです。ヘンプは少ない水や厳しい環境でも元気に育ち、また広範囲に根を張り巡らせる植物。隅々にまで広がった根は土壌に蓄積した農薬物や重金も吸い上げ、また森の木々の何倍ものCO2を吸収してくれます。ヘンプは環境改善に最適な植物といえますよね。さらに、ヘンプは100%土壌に還元できる、プラスチックに替わる素材を生成することもでき、容器としても注目されています。
CBDは身体に害がないだけでなく、利用すればするほど環境改善にも繋がる、サスティナブル美容の先駆者的存在と言えるのです。
また、ヘンプとサスティナブルの関係については以下の関連記事も合わせてご覧下さい。
サスティナブルへのこだわり~ヘンプで環境問題を考える~

CBDがアンチエイジングに効果的な理由

アンチエイジング効果
抗酸化作用
シワやシミ、たるみ
ホルモンバランスの改善
エイジングケア

それでは、いよいよCBDのアンチエイジング効果についてご紹介していきます。最初の項目でお伝えしたCBDの効能の中に、「抗酸化作用」というものがありましたよね?エイジングケアにはこの抗酸化作用がとても重要なのです。 リンゴの皮を剥いて時間が経つと茶色くなったり、自転車を放置しておくと錆び付いてしまいますよね?人間も同じように、呼吸で体内に酸素を取入れているだけでも、身体が錆び付いてしまうのですよ。また、紫外線やストレスなどによっても体内の酸化が進行し、これが肌のシワやシミ、たるみの原因になるのです。

もともと人間には抗酸化作用が備わっているのですが、20代をピークに徐々にその作用が低下していまいます。そのため、アンチエイジングには抗酸化作用がとても重要なのですね。 これまでエイジングケアに欠かせない抗酸化作用の代表的な成分と言えば、ビタミンCやビタミンEだったのに対し、<strongCBDはさらに強力な抗酸化物質であることが立証されています。

また、抗炎症作用もエイジングケアにはかかせないポイントです。年齢を重ねると表われるホルモンバランスの乱れは、肌荒れの大きな原因のひとつ。大人ニキビや乾燥に対して抗炎症作用の効果を発揮してくれるんですよ。 その他、質の良い睡眠や食欲コントロール、自立神経調整によるホルモンバランスの改善など、エイジングケアには欠かせないサポートも同時におこなってくれるCBD。実際にどのように取入れたら良いのか、おすすめの方法は次で詳しくご紹介しますね。

エイジングケアにおすすめのCBD製品

CBDオイル
CBDvape
アンチエイジング
CBDスキンケア商品
紫外線ダメージ

アンチエイジングに効果が期待できるCBDにはさまざまな製品がありますよね。CBDの代表的な製品と言えば、CBDオイルやCBDVape、カプセルやスキンケア製品などがあります。 今回ここでおすすめしたいアンチエイジング製品はCBDオイルとCBDスキンケア製品です!

まず、Vapeやカプセルがおすすめでない理由からお伝えしますね。VapeはCBDリキッドを加熱し気化させたものを吸引して利用します。実はこの方法が一番、CBDが体内に無駄なく吸収される方法と言われているんです。気体を直接肺に吸引することで、肺に広がる毛細血管がCBDをダイレクトに吸収してくれるためです。でも、それと同時に製品自体が問題視されている面もあります。CBDリキッドのほとんどの製品に含まれている化学保存成分の希釈剤は、加熱すると肺炎症の原因になると言われ、アメリカのFDA(厚生労働省のような組織)や日本禁煙学会でも問題喚起しているんですよ。CBDを肺に取入れること自体は効果が期待できるのですが、弊害や副作用があっては健康的なエイジングケアができませんね。
また、CBDカプセルは摂取量がわかりやすく、場所を選ばず利用することができてとても便利なのですが、胃や肝臓を経由するため消化器系で分解されてCBD自体の吸収率が少ないのです。

そうした理由から、CBDオイルと肌に塗るスキンケア製品がおすすめなんです。CBDオイルは毛細血管の多い舌の裏に垂らして利用することで、消化器を通らず体内にダイレクトに吸収されます。また、CBDは肌に分布すると皮下1cmまで浸透することがわかっており、紫外線のダメージやシミ、シワ、乾燥など効果があると言われています。

さらに、最近ではCBDが含有された入浴剤なども人気が高まっていますね。お肌は人間の身体の中で一番大きな臓器とも言われるほど、身体の広範囲を占める部位ですよね。より効果的なエイジングケアには、CBDオイルで体内の酸化を防ぎつつ、CBDのスキンケアグッズや入浴剤などで全身をケアしてあげるのがおすすめです。

最後に

camyucbd
エイジングケア
CBDスキンケア

今回はCBDのエイジングケアについてご紹介しました。美容界でも注目を集めるCBD。早くもアンチエイジングに取入れている女性が増えているんですよ。みなさんもぜひ参考にしてみてくださいね。また、よろしければCBDと肌の関係についての詳しい記事もご一緒にご覧下さい。


【CBDと肌の関係】どうしてCBDは肌にいいの?

ペット用CBDオイル取扱の動物病院を調査!

今回はペット用CBDオイルの取扱がある動物病院をリサーチしてみました!海外では当たり前となったペット用のCBDオイル!てんかんや発作、鎮痛作用やストレス緩和など「うちのコにも使いたいのに…」と考える飼い主さん必見です!ぜひチェックしてみてくださいね!

ペット用CBD
てんかん
発作
鎮痛作用
【目次】
  1. ペット用CBDオイルを採用する動物病院について
  2. ペット用CBDオイル取扱動物病院一覧
  3. ペット用CBDオイルが購入できる店舗
  4. ペット用CBDオイルが入手できないけど利用したい場合は?
  5. 最後に

ペット用CBDオイルを採用する動物病院について

哺乳類とCBDオイル
ペット専用CBD
抗炎症作用
CBDの自由診療

ストレス緩和
引きつけ
鎮痛作用
副作用なし

以前別の記事でCBDをペットに利用することについて記載しましたが、再び調査したところ実際に取入れている動物病院が増えてきていることがわかりました!そこで、今回はどんな病院で取入れられているのか、どうして採用しているのか、採用している動物病院はどこかなどなど、詳しくご紹介していきます。
CBDオイルは人間同様ECS(=身体調整能力)が備わっている犬や猫などのほとんどのほ乳類に作用があるとされています。実際、多くの海外ブランドがペット専用のCBDオイルや製品を販売しているんですよ。CBDオイルをペットに利用する主な目的には、以下のようなものがあります。

  • 痙攣、発作の改善
  • てんかん治療のサポート
  • 抗炎症作用
  • 鎮痛作用
  • ストレス緩和
など。特に、てんかんや発作、ひきつけなどに取入れられることが多いそうです。

また、すでに治療ができない状態のがんなどの病気に対し、痛みの軽減・緩和に取入れられることも増えているんだとか。化学成分で造られた鎮痛剤は胃への負担が大きく、食欲がなくなってしまったり嘔吐の原因となることが多いため、副作用がないCBDが注目されているんだそうです。
また、動物はストレスに敏感で、体調を崩しやすい生き物。飼い主さんが長期の旅行でペットホテルに預けていたら体調を崩した…なんてご経験がある方も多いのではないでしょうか?そうしたペットへのストレスも、CBDなら身体に優しく緩和してくれるのです。

CBDオイルは日本では人間の病院でも自由診療で取入れられはじめており、ペットでも安心して利用できる成分とされています。海外ではCBDオイル以外にもさまざまな製品が販売されていますが、日本の動物病院では信用度の高いCBDオイルがメインのようですね。次では、実際にCBDオイルを採用している動物病院をご紹介していきます。

ペット用CBDオイル取扱動物病院一覧

CBDオイルを取り入れた動物病院

それでは、CBDオイルを実際に取入れている動物病院をご紹介します!

【東京動物医療センター】
住所:東京都杉並区松庵2丁目19-15
アメリカのペット用CBDオイルを扱うパイオニアとして知られる「PetReleaf(ペットリリーフ)」を採用しているとのこと。
公式サイトはこちら

【幕張どうぶつ病院】
住所:千葉県千葉市花見川区幕張町4-63-1
CBD含有率が2%のCBDオイルを採用し、てんかん発作やガンの補助療法として採用しているんだそうです。
公式サイトはこちら

【動物病院NORIKO】
住所:山梨県 富士吉田市 松山 1664
(東京本社:東京都世田谷区 砧 1-28-27)
自然療法を専門的におこなっているこちらの動物病院でも、CBDについて取り上げたブログなどが更新されていますので、チェックしてみてくださいね。
公式サイトはこちら

【桑原動物病院】
住所:群馬県前橋市六供町1丁目8-3
公式サイトはこちら

【エムズ動物病院】
住所:福岡県福岡市城南区東油山1丁目1−17
公式サイトはこちら

この他にも都内・関東近郊を中心に多数の動物病院でCBDオイルが採用されていることがわかりました。(※現在のお取り扱いや在庫、詳しい製品などについては、直接病院へご確認ください。)

ペット用CBDオイルが購入できる店舗

ペット用CBDオイル

ペット用のCBDオイルは動物病院でなくても購入が可能です!実際に販売をおこなっているショップを探してみましたので、チェックしてみてくださいね。

【HealthyTOKYO CBD Shop & Café】
住所:東京都渋谷区神宮前 3-27-14
他、南青山店と羽田空港店もあります。 こちらではヒト用のCBD製品と一緒にペット用製品の購入も可能だそうです!

【CBD MANIA】
住所:東京都台東区東上野2-19-9東宝工芸社第三ビル5階
こちらは完全予約制となっているそうです。

取扱製品についてだけでなく、コロナウィルスによる営業の変更などもあると思いますので、気になる方は一度お問い合わせくださいね。

こうして動物病院に行かなくても、ペット用のCBDオイルなどが購入できると、気軽に試せて嬉しいですよね。でも、実際にリサーチしてみると、都心での販売店が多く「なかなか買いに行けない…」という飼い主さんも多いのではないでしょうか?そんな時の対処方法を次でご紹介していきます。

ペット用CBDオイルが入手できないけど利用したい場合は?

ペット用CBD
アイソレート
オーガニックCBD
ペットの健康

「ペットにCBDを使ってみたいけどかかりつけの動物病院では取扱がない」「近くにペット用のCBDオイル販売店がない」という飼い主さんも多いですよね。調べてみたところ、インターネットでもペット用のCBDを販売しているECサイトが多々ありました!ネットなら簡単に購入できるので、より気軽に試すことができそうですよね。

ただし、動物病院やショップのように、専門家から説明を受けたり相談することができないため、利用には十分注意する必要があります。また、簡単に購入できるECサイトですが、中には不純物が含有されていたり、添加物で造られた製品が多いのが実情です。CBD自体は日本で抽出することができないため、基本的に輸入製品が主流ですが、日本語でしっかり問い合わせする環境が整っている、信頼できるメーカーから購入するのがおすすめです。

また、「高額だけどうちのコが全部使い切れるか不安…」という飼い主さんには、ご自身でお使いのCBDオイルを少量ずつ与えることも可能です。ただし、オーガニックで不純物のない、アイソレート製法で造られたCBD純度の高い製品を利用することをおすすめします。動物は人間よりも消化機能が劣るため、天然成分で造られた製品を安全に利用してあげてくださいね。また、ご利用をお考えの方は必ずかかりつけの動物病院へご相談のあとに与えるようにしてください。

最後に

今回はペット用CBDオイルを取り扱っている動物病院をリサーチしてみました。ペットの健康のためにも、使って使ってみたいと考えている飼い主さんは、ぜひチェックしてみてくださいね。

CBDでダイエットの効率UP!脂肪燃焼を促進する作用とは??

今回はCBDのダイエット効果について調べてみました!ECSに働きかけるCBDは食欲調整作用があるのは有名ですよね、でもCBDにはそれ以外に“脂肪細胞褐色化”と呼ばれる作用に貢献し、身体の脂肪を燃えやすくすることでダイエットの効率を高めてくれるんだとか!ぜひチェックしてみてくださいね。

ダイエット
CBDでダイエット
脂肪燃焼
食欲調整作用
【目次】
  1. CBDでダイエットの効率UP?脂肪細胞褐色化ってなに?
  2. CBDで暴飲暴食を抑えてキレイにダイエットを!
  3. ダイエットにおすすめのCBDの取入れ方
  4. 最後に

CBDでダイエットの効率UP?脂肪細胞褐色化ってなに?

脂肪細胞褐色化
ダイエット
WAT
中性脂肪
BAT
消費型脂肪
ベージュ脂肪細胞

CBDの代表的な効能と言えば、リラックス効果や鎮痛作用ですが、実はダイエットにも効果的な研究結果が出ていることをご存知ですか?2018年韓国デグ大学でおこなわれたマウス実験の発表によると、CBDには“脂肪細胞褐色化”というダイエットには重要な作用を促す効果があることがわかったのです。

人間の体内には以下のような脂肪の種類があります。

・白い脂肪細胞…通称WATとよばれ、エネルギーを蓄えるために貯蔵される中性脂肪のこと。燃えにくい脂肪で、消費されなければ徐々に蓄積されてしまう脂肪細胞で、全身の皮下や内臓周囲の存在しています。

・ベージュ脂肪細胞…通称BATとよばれ、エネルギーを放出・熱産生する役割があります。消費型の脂肪で、リンパが多く通っている鎖骨周辺や頸部、脊髄などに存在しています。※BATには褐色脂肪細胞とベージュ脂肪細胞がありますが、今回はベージュ脂肪細胞に着目して進行していきます。)

脂肪細胞褐色化とは、WATをBATに変換する作用のことで、これは燃えにくい脂肪を燃えやすい脂肪に変換するということになりますよね。

ミトコンドリア
燃えにくい脂肪を燃えやすく変換
メタボリック症候群
糖尿病
高コレステロール
CBDオイル
CBDで脂肪を燃焼

BATがベージュ色をしているのはミトコンドリアが多く存在しているからだそうで、BAT内のミトコンドリアには特異な脱共役タンパク質というものが発現されています。この脱共役タンパク質は酸化的リン酸化作用をもたらすことで、体内エネルギーがATP合成に向かわず、ダイレクトに熱変換され、時間と共に消費されるのです。これは、簡単に説明すると、BAT内のミトコンドリアの影響で体内エネルギーが直接消費され、体内に蓄積しにくくなるということです。

実は、今回のデグ大学の研究ではCBDを摂取するとBATに必要不可欠なミトコンドリアの活動が活発化したり、数量が増加する傾向にあることがわかったのです。現在の段階ではマウスを使った実験のみでヒトに同じような効果をもたらすかどうかについては、まだ明確ではありません。ただ、ほとんどの生物にはBATが存在し、年齢と共に減少するBATに対しCBDがなんらかの影響を与えると言われています。

アメリカでは自然療法を促進している医院で、メタボリック症候群、糖尿病、高コレステロール患者などにCBDオイルが処方される場合があるほど。すでにCBDの脂肪燃焼を促す作用は人の暮らしに役立てられているのですね。CBDを日頃から摂取することは、運動などでダイエットしている人にはもちろん、日常生活でも脂肪を燃焼しやすい身体作りをサポートすることに繋がるのです。

CBDで暴飲暴食を抑えてキレイにダイエットを!

食欲コントロール
脂肪燃焼しやすい体
CBDオイル
ECS
身体調整能力を正常化
CBDと自律神経
リラックス作用
ホルモンバランスを整える
健康的で美容的なダイエット

CBDは脂肪細胞褐色化を促し、燃焼しやすい身体作りをサポートするだけでなく、食欲コントロールもおこなってくれます。すでに皆さんもご存知かとおもいますが、ECS=身体調整能力を正常化させることで、身体のあらゆるコントロールをおこなってくれるCBD。ストレスや不規則な生活だけでなく、女性はホルモン周期などによって暴飲暴食に悩まされる人は多いですよね。

CBDは自律神経を整えることで、こうした食欲をコントロールしてくれるのですよ。また、リラックス作用で日々のストレスを蓄積させないことも、ダイエットには重要な要素です。さらにホルモンバランスを整える作用については、生理不順やPMSの改善にも用いられるほど、効果が期待されていますよ。CBDは単純に食欲を低下させたり、胃を膨らませて満腹感を出すサプリなどと違い、身体の内側から細胞レベルの調整をおこなうことで、健康的で美容的なダイエットを継続的にすすめることができるのです。

ダイエットにおすすめのCBDの取入れ方

CBDオイル
脂肪細胞の褐色化
CBDオイルを毎日摂取

CBDにはダイエットに効果的な作用があることがわかりましたが、どのようにして取入れていけばいいのでしょうか?おすすめはCBDオイルを下に垂らす方法です。下の裏には無数の毛細血管が存在しており、胃や肝臓を経由せずにダイレクトに体内に巡るため、効果が出やすいと言われています。

脂肪細胞の褐色化を促す効果や食欲コントロールについては、日々継続的にCBDを摂取するのがベストです。どのような薬や成分にも言えることですが、手術などでない限り、瞬時に1回の利用で体内の機能を改善することは難しいですよね。CBDを日常的に取入れることが、ダイエットの効率を上げる方法のひとつと言えるでしょう。

CBDで睡眠の質改善
CBDローション
CBDスキンケア
CBDオイル
CBDとダイエット
食欲コントロール
効果的なダイエット

また、CBDで睡眠の質を改善することも、ダイエットに重要な要素となります。ヒトは睡眠中に体内の修復作業をおこなっており、夜間に内臓機能も回復されます。睡眠の質が悪かったり、不眠気味だとこの修復・回復が正常におこなわれず、代謝低下の原因となってしまうのですよ。せっかく日中にダイエットをがんばっても、寝ている間に効果が薄れたら意味がありませんよね。CBDでより良い睡眠を取ることは健康的かつ効率の良いダイエットへの一歩かもしれません。

さらに、CBDのリラックス作用には筋肉の緊張緩和させる効果があり、整体やエステサロンでも取入れられています。ダイエット中のストレッチやマッサージにはCBDオイルを摂取するだけでなく、CBD配合のローションやスキン用オイルなどを取入れるのもおすすめですよ。ストレッチをおこなう30~1時間ほど前に摂取すると、よりリラックスした効果的なケアタイムを過ごすことができるので、ぜひトライしてみてください。

最後に

今回はCBDのダイエット効果について詳しくお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?CBDはミトコンドリアの発現を促したり活性化させることで、脂肪細胞活性化を促進し、脂肪が燃えやすい身体作りをサポートしてくれるのですね。また、食欲コントロールもダイエットには欠かせない要素のひとつです。CBDを日常に取入れるだけで、より効果的なダイエットが目指せそうですね。みなさんもぜひ参考にしてみてください。

参考記事

タイはアジアの医療大麻先進国?

タイでは2018年に医療用大麻の診療が許可され、以降国をあげて医療大麻発展に取り組んでいます。それと同時に薬局では療養用CBD製品なども販売され、バンコクのクリニックでは国内外の多くの患者が募っているそうです。今回はタイの医療大麻事情について調査してみました。

医療大麻
医療用CBD
タイの医療大麻
【目次】
  1. タイの医療大麻事情
  2. タイ医療大麻クリニックの新しい取り組みとは?
  3. 日本人も受けられる?バンコクの大麻クリニックと処方とは?
  4. 最後に

タイの医療大麻事情

2018年以降、タイでは医療大麻の使用が許可されて、一気に市場が広がっています。医療大麻とはその名の通り、病院で処方を受けて大麻由来の製品や薬を用いた治療をおこなうことです。CBDオイルだけでなく、THCが含有されている製品やエディブル製品も多く、特に大麻由来のお茶は人気が高いんだそうです!

タイでは医療大麻が解禁したにもかかわらず、専門医師の不足が原因で、時間や場所、診察人数などが限られた診療しかおこなわれていませんでした。それが今年に入り、バンコクで国内最大規模となる医療大麻クリニックがオープンしたことで、常時治療を受けられるようになったのです。クリニックでは1日200~300人以上の診療がおこなわれているとのこと。以前お伝えした韓国の医療大麻事情では、数ヶ月のプロジェクトで300件以下の治療件数だったことに比べ、タイの大麻クリニックの診療数が多いことに驚かされますね。若者~お年寄りまでさまざまな世代が診療を希望し、睡眠、不安障害、関節痛、苦痛治療などさまざまな効果が期待されています。

タイ医療大麻クリニックの新しい取り組みとは?

タイの医療大麻
エディブル製品
大麻茶
医療大麻クリニック
不眠症
不安障害
苦痛治療

実はこうしたタイの医療大麻の発展には、国の副首相が大きく関わっており、自ら進んでプロジェクトに取り組んでいるんです。上記でご紹介したバンコクのクリニックももちろん副首相が開院したもので、さらに新しいプロジェクトの一環で、クリニック専用の予約アプリも導入されました。これにより、さらに広範囲の患者が安心して受診可能となったのです。

また、副首相の取り組みはこれだけではありません。実は今後、さらなる大麻発展のために、自宅で栽培したヘンプを国が買い取る政策を進めているのです。この政策は、1家族につき6株までのヘンプの栽培を可能とし、全部で13,350ドルの支払いをするとのこと。タイの平均月収は約8,200ドルと言われており、これはかなりの高額ですよね。ただし、医療大麻に利用する高品質な大麻のみを購入する規定が定められるそうで、土壌環境などが大きく影響してくるヘンプは規定範囲の栽培には高度な技術が必要されているそうです。

でも、アメリカでは大手企業が小さなヘンプ農園買収し、市場を独占しようとする政治的動きも問題となっており、各家庭で栽培・販売可能なタイの取り組みは先進的とも言えますよね。今後はヘンプの栽培に関連付いたビジネスまで登場することが見込まれ、タイの経済を大きく動かす要因となることが予想されています。

日本人も受けられる?バンコクの大麻クリニックと処方とは?

タイの医療大麻
ヘンプ市場
タイのヘンプビジネス
医療大麻と政治
タイの経済と医療大麻

バンコクの大麻クリニックは、専用の予約アプリから登録すると外国人観光客でも診療がうけられ、処方箋をもらえるのだそうです。タイではCBDだけでなく、THCや加熱する前の麻の成分であるCBDaなどが含有されたさまざまな製品が販売されているのだとか。お茶を日常的に飲む文化のあるタイでは、もちろんCBDが含有されたタイティーなども購入が可能。吸引系やスキンケア系も充実しているんだそうです。

すでにアメリカやヨーロッパからも大麻クリニックを目的とした観光客が訪れており(現在はコロナの影響で減少しています)、国の経済効果にも大きく貢献しています。日本人観光客ももちろん診察可能ですが、日本ではTHC含有の製品はもちろんのこと、ヘンプの花や葉を利用した製品は持ち込みが禁止されていますので、充分にご注意くださいね。

最後に

今回はタイの医療大麻事情について詳しくお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?確実に大麻先進国への道を歩みはじめているタイ。日本の認識や遅れが今後どのように影響してくるのかにも注目ですね。

CBDがコロナ予防薬に?!CBDの新事実に迫る!

今回はコロナウィルスに対するCBDの新たな研究結果についてお伝えしていきます。実はCBDはコロナウィルスを体内に取り込んでしまう受容体や、活性化させてしまう体内因子の発現を抑えるという結果が出たんだとか!ぜひチェックしてみてくださいね。

コロナとCBD
CBDオイル
コロナウィルス
【目次】
  1. 【CBD】コロナに対する新たな研究結果とは?
  2. CBDがコロナ予防薬になる可能性
  3. 免疫アップにもCBD!
  4. 最後に

【CBD】コロナに対する新たな研究結果とは?

コロナの予防薬
CBDとコロナ
SARS
インフルエンザウィルス
コロナの予防対策

CBDにはさまざまな分野の研究が進められていますが、今年世界に多大な影響を与えたコロナウィルスに対する研究もおこなわれています。そん中、今日は新たな研究結果「CBDがコロナの予防薬となる可能性」についてお伝えしていきたいと思います。

コロナの受容体を軽減させる?

CBDのコロナに対する新たな研究結果の1つ目は、コロナを受け入れてしまう受容体との関係です。人間にはACE2という血圧をコントロールする体内因子が備わっています。でも実はこのACE2はSARS系のウィルスの受容体でもあるのです…コロナウィルスはSARSと同じ病原体で、このACE2と結合することで体内に取り入れられてしまうのです。

CBDはこのACE2の発現を軽減させる働きがあることが今回の研究で明らかになり、これはコロナの予防に効果があることが期待されています。

コロナ活性細胞の発現低下?

タンパク質の一種のセリンプロテアーゼTMPRSS2は、体内に取り込まれたコロナウィルスを活性化させる作用があるとされ、国内外問わず研究が進められています。後天性の遺伝子で組織され、気道上皮膚細胞に発現するセリンプロテアーゼTMPRSS2はコロナウィルスを活性化・増加に関与するといわれているのです。セリンプロテアーゼTMPRSS2はインフルエンザウィルスなどにも同様な作用を見せており、予防に対する研究が進められています。

新たな研究結果によると、CBD摂取することでこのセリンプロテアーゼTMPRSS2がダウンレギュレート(発現低下)することがわかりました。

ACE2受容体とセリンプロテアーゼTMPRSS2の発現が低下することで、コロナウィルスの予防対策ができるという考えですね。あくまでも予防的に利用できる可能性を示唆した研究結果ですので、治療薬として謳っているわけではありませんのでご注意ください。

CBDがコロナ予防薬になる可能性

コロナの予防に効果的なCBD
医療大麻

実はアメリカではCBD企業がここぞとばかりに「CBDはコロナウィスル消滅させる!」「CBDでコロナが治る!」などと謳った広告を出していた経緯があり、消費者を困惑させたとして問題になりました。その結果、FDA(アメリカ食品医薬品局)がCBD企業に注意喚起を出し、CBDはコロナウィルスに直接的影響はないと明記したのです。

今回新たな研究結果が出たことで、CBDによるコロナの予防ができる可能性が見えてきましたが、実際に菌を消滅させるというわけではなく、あくまでも「予防に効果的な可能性がある」というところで、研究が続いています。

でも、今後この研究が進んでいけば、予防薬の一種や混合成分として認められる可能性も考えられますよね。アメリカでは医療大麻の利用が広がっているおり、アジア圏でもタイや韓国が先進して治療に取り入れている実情があります。こうしたことから、CBDがより身近になることで、コロナの予防対策としてCBDが用いられることが期待されているのです。

免疫アップにもCBD!

免疫サポート
鎮痛作用
抗炎症作用
免疫向上
ストレス緩和
CBD効能

コロナの予防薬として有効な可能性を示したCBDですが、現在はまだ研究段階に留まっています。でも、CBDは免疫力の低下を抑えることで、コロナに負けない体作りをサポートしてくれるのです。

以前お伝えした通り、CBDには自律神経などに影響を与えることで免疫力を正常に保つ働きがあるのです。自粛解除によって環境の変化に体が疲れていると、免疫力が低下しやすくなります。そうした時にCBDが体にやさしくサポートしてくれるのですよ。日本国内の医院では、鎮痛作用や抗炎症作用の他に、免疫力向上を謳って自由診療の一環として、CBDを採用しているところもあります。

また、コロナの影響でCBDの売上げが急進した理由は、ストレス緩和作用にもあります。CBDのリラックス作用を求めてたくさんの人が製品を購入したんですね。ストレスは自律神経の乱れを引き起こす大きな原因となり、それは免疫低下にダイレクトに関係してきます。日々のストレスをCBDで緩和し、リセットしてあげることで免疫力を整え、また明日から頑張れるこころと身体を維持することができるのです。

最後に

CBD効能
CBDの免疫サポート
CAMYU CBD

今回はCBDのコロナウィルスに対する新たな研究結果についてお伝えしました。予防に有効な可能性があるということで、今後の研究からも目が離せませんね。また、CBDは予防以外にも免疫力の低下を防ぐサポートをしてくれることがわかっています。日頃からCBDで健康をサポートして、元気に1日を過ごしましょう!毎日利用するCBDは、製品選びにも注意したいですね。販売・製造業者だけでなく、成分や製法などもしっかり明記されていて、安心できる製品選びをしてみてくださいね。

CBDの抽出方法と製法について~フルスペクトラム・アイソレートってなに?~

最近急激に増え始めたCBD製品!「どれも同じじゃないの?」と思う人も多いですが、実はその製法や抽出方法によって含有されている成分や効能まで変わってきます!フルスペクトラムやアイソレート製法についてやCBD抽出方法まで詳しくご紹介するので、ぜひ製品選びに役立ててみてください。

CBDオイル
フルスペクトラム
アイソレート
CBD抽出法
【目次】
  1. CBDの抽出方法や製法の違い
  2. CBDの抽出方法
  3. CBDの製法
  4. 最後に

CBDの抽出方法や製法の違い

CBD製品
抽出法
ヘンプ
CBDオイル

国内でも広がるCBD製品の販売ですが、実はその抽出方法や製法によって含有成分や効果が異なり、それぞれに特徴があることをご存じですか?

国内で販売されているCBDは主にアメリカやヨーロッパからの輸入品。CBDは麻科の一種であるヘンプと呼ばれる植物から抽出されます。CBDはとてもデリケートな成分のため、各企業はさまざまな製法を試して、商品化を特徴をつけています。

CBDの抽出方法

CBDオイル
アルコール抽出法
CO2抽出法
亜臨海抽出法
超臨界CO2抽出法

CBDの抽出方法についてご紹介します。上でもお伝えしましたが、CBDはとても繊細な成分のため、ヘンプから抽出する際は最新の注意が必要となります。また、抽出の製法によってコストや品質面にも影響してきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

アルコール抽出法

アルコール抽出法とは、一度エタノールを用いてヘンプからCBDを抽出し、その後蒸留させることでエタノールを取り除く抽出法です。この方法を利用すれば、高額な機器を利用する必要もなく、低コストで大量にCBDを抽出することができるんです。でも、アルコール抽出法の場合、取り切れなかった微量のエタノールが残留してしまう可能性があり、完全なオーガニックの製法とは言えないのです。また、エタノールなどはアルコールアレルギーがある人には不向きのため、利用できない場合もあります。

ただし、使用するアルコールを化学薬品ではなく植物性アルコールなどを用いている場合は、万が一残留してしまっても安心してご利用できておすすめです。もしアルコール抽出法の製品をお探しの場合は、抽出薬にもこだわりを持った製品を選ぶようにしましょう。

CO2抽出法

CO2抽出法とは、圧力と二酸化炭素を用いて、ヘンプからCBDを抽出する方法です。このCO2抽出法はさらに超臨界CO2抽出法亜臨海抽出法の主に2種類の方法に分類されます。どちらも化学薬品やエタノールを利用していないため、不純物の心配がなく利用することができます。とくにおすすめなのは超臨界CO2抽出法。CBDは実は熱にとても弱い成分のため、高温を利用して抽出する亜臨海抽出法ではCBD成分にダメージを与えてしまう可能性があるのです。それに比べ、超臨界CO2抽出法なら、低温の状態でCBDを抽出することができるので、成分が破損する心配もありません。

ただし、CO2抽出法には高額な機器や専門のラボを用意する必要があり、コストが高くなってしまいます。健康のためにはCO2抽出方法がおすすめですが、商品選びにはコスト面も重要ですよね。どちらの抽出方法が魅力的か、ぜひ考えてみてくださいね。

CBDの製法

カンナビノイド
テルペン
フルスペクトラム
アントラージュ効果
ブロードスペクトラム

CBD製品を作る製法によって、配合される成分が変わってくることをご存じでしたか?ヘンプには100種類以上のカンナビノイドが含まれており、また、カンナビノイド以外にもテルペン、ビタミン、ミネラルなど植物自体の栄養も備わっています。このさまざまな成分や栄養が、製法によってどのように変化するのか、チェックしてみてください。

フルスペクトラム製法

フルスペクトラム製法とは、ヘンプのすべての成分を残したまま製品化した製法のことです。ということは、つまりCBDだけでなく、ヘンプに備わっている栄養素やTHC(精神活性作用)まで含有されているということになります。THCはアメリカを含むさまざまな国で規定を守れば利用が可能となっており、フルスペクトラム製法には人気が高いようです。その人気の理由がアントラージュ効果。これはそれぞれの成分が互いを助け合うことでうまれる相乗効果のようなものです。

ただし、現在日本ではTHCが含有されている製品が販売・利用が禁止されています。国内製品の中にはフルスペクトラム製法と記載して販売しているものもありますが、それは違法で販売しているか、もしくは本当のフルスペクトラムではありませんので十分に注意してください。

ブロードスペクトラム製法

ブロードスペクトラム製法とは、フルスペクトラム製法のTHCのみを排除して製品化する製法のことを言います。THCの精神活性作用には国内外問わず問題点が多く、問題視されていることから、このような製法が誕生しました。

こちらもアントラージュ効果が期待でき、しかもTHCが含有されていないので日本でも安心して利用することができますよ。ただし、日本ではあまりブロードスペクトラム製法の記載を見かけません。逆に大手ECサイトなどでは違法のはずのフルスペクトラム製法の文字が。問い合わせてみると、ほとんどの場合はブロードスペクトラムをフルスペクトラムと記載しているようです。ブロードスペクトラム製法もTHC以外の成分を排除していないため、きちんと正確な情報を記載している販売店で購入することをおすすめします。

アイソレート製法

アイソレート製法とは、CBD以外のすべての成分を除外した製法のことです。CBDのみが抽出されているため、ドーピング検査があるスポーツ選手も安心して愛用できる製法です。アントラージュ効果を期待することはできませんが、純度の高いCBDを摂取することができ、体内に不純物が残留する心配もありません。

また、フル・ブロードスペクトラム製法と違い、アイソレート製法はほぼ無味無臭に近く、青臭さがありません。そのため舌に垂らして利用したい人や、初心者の方にもおすすめなんです。

最後に

CAMYU CBD
CBDオイル

今回はCBDの抽出方法や製法についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?抽出方法や製法によってこんな違いがあるんですね。フルスペクトラムと記載されている場合には、特に注意しておきましょう。商品を購入する際は、ぜひ参考にしてご自分にあったものを選んでみてください。