CBDの副作用についての研究や調査結果まとめ

今回はCBDの副作用について、国内外の研究や調査結果をまとめてみました。検証の対象には医療目的のものがほとんどのため、健康や思考目的でCBDのご利用を考えている方にもご参考いただける内容です。まだまだ国内の認知度が高いとは言えないCBD。安全に利用するためにも、ぜひ最後まで読んでみてください。

CBD、CBD副作用、CBD 副作用 肝臓、頭痛、食欲、眠気
目次
  1. CBDの副作用について
  2. CBD肝臓に対する副作用がある?
  3. CBDの副作用で頭痛がおきる?
  4. CBDでアレルギー反応が?
  5. CBD 副作用が起きやすい製品とは?
  6. CBDの副作用について-まとめ-

CBDの副作用について

CBD、CBD副作用、CBD 副作用 肝臓、頭痛、食欲、眠気

CBDの副作用について、詳しくご紹介していきます。

CBDには不眠症の改善、抗酸化作用、抗炎症作用、鎮痛作用、リラックス作用、がん細胞抑制、てんかん治療など、さまざまな効果があるとされ、世界中の医療業界、美容業界、健康業界などで取扱が増えています。

天然成分のため、化学薬品のような依存性もなく、さまざまな疾患にも利用されています。

そんなCBDですが、実際に副作用があるのでしょうか?また、あるとすればどんな副作用なのでしょうか?順を追って詳しくご紹介していきます。

よく言われる副作用とは?

CBD、CBD副作用、CBD 副作用 肝臓、頭痛、食欲、眠気

サイトなどでよく見かける副作用には以下の内容がありました。

  • 口の渇き
  • 食欲の変動
  • 過度な眠気
  • 下痢

ただし、SNSなどの口コミを見ていると、実際に副作用があったという情報は見つけられませんでした。

実はそのはず。CBDにはわずかに副作用が所見されているものの、実際にそれを感じた人はごく少数なんです。ほとんどの場合CBDは副作用を起こさないため、国内外問わず“副作用はない”という書き方をしているサイトも多々あるほど。

CBD、CBD副作用、CBD 副作用 肝臓、頭痛、食欲、眠気

そもそも副作用とは、摂取目的の効果に伴う、効果以外の有害な作用のこと。これは少なからずほとんど全ての成分にあるとされています。

例えば、私達の身近にあるビタミンCにも副作用は存在します。過剰摂取することで、消化不良を起こして下痢や悪心などの副作用があるとされているんです。でも、CBDはまだ日本に上陸して間もない成分ですし、心配も多いですよね。

次ではJCAC(日本臨床カンナビノイド学会)やFDA(アメリカの厚生労働省のような機関)の副作用に関する見解や掲載情報についてご紹介します。口コミだけでなく、公的機関や研究結果などを見ることで、安心度が高まりますよね。

また、CBDの副作用については見つけられなかったものの、“効果を感じない”などの口コミを目にしました。以下の関連記事に詳しい情報がありますので、併せてご参照ください。

CBDの効果を感じない人の特徴と使い方

JCACの提示内容

CBD、CBD副作用、CBD 副作用 肝臓、頭痛、食欲、眠気

JCAC(日本臨床カンナビノイド学会)ではCBDを含むカンナビノイドの副作用について説明ページを設けています。

公式サイトの「副作用」に関するページはこちらから

内容を簡単にまとめると、以下のようなことが書かれています。

分析内容・・・主に医療目的の論文データ
検証期間・・・平均摂取期間は約2週間
検証対等(3パターン)
  • CBDを含む大麻抽出液とその他薬品の比較
  • THC(精神活性成分)+CBDとその他薬品の比較
  • THCとその他薬品の比較
結果
  • 重篤な副作用(有害事象)は検証件数の約3.4%
  • 有害事象約3.4%のうちのほとんどが、多発性硬化症の悪化に伴うもの
  • その他薬品と比較し、神経系、消化器系、精神症状に対する副作用(有害事象)のパーセンテージがわずかに上回ったが、当然のことながらその他薬品にも同じような副作用が所見された

JCACが提示している上記の内容は、2008年にカナダ医療協会が発表した内容を引用しています。

CBD、CBD副作用、CBD 副作用 肝臓、頭痛、食欲、眠気

ここまででお分かりのように、医療目的で利用された高濃度のカンナビノイドには、その他薬品と比較してわずかに副作用が高かったものの、これが全てCBDの影響であるかはわかりません。(医療目的用のCBDの含有率は以下「CBD肝臓に対する副作用がある?」をご参照ください)

研究対象には、日本では利用が禁止されているTHCなどが含有されており、そちらが副作用を引き起こしている可能性も高いからです。

また、副作用が起きたほとんどのケースが多発性硬化症という、神経系の疾患の悪化によるものでした。 こうしたことからも、THCが含有されていないCBD製品を、健康や美容目的で利用する場合(医療目的より少ない含有量の場合)に副作用が起きるケースがごくわずかだということがわかりますね。

FDAの見解とは?

CBD、CBD副作用、CBD 副作用 肝臓、頭痛、食欲、眠気

FDAとはFood and Drug Administrationの略で、アメリカ食品医薬局という日本では厚生労働省のような働きがある機関のことです。

2018年にこのFDAがCBDの製品化を許可したことで、アメリカではCBDが爆発的人気となりました。そんなCBDのさまざまな規制を担っているFDAは、CBDの副作用について以下のように述べていす。

CBD can cause side effects that you might notice. These side effects should improve when CBD is stopped or when the amount used is reduced.
Changes in alertness, most commonly experienced as somnolence (drowsiness or sleepiness). Gastrointestinal distress, most commonly experienced as diarrhea and/or decreased appetite. Changes in mood, most commonly experienced as irritability and agitation.
CBDの副作用について知っておくべき内容は以下の通りです。 この副作用はCBDの摂取をやめた時、または摂取量を減らした時に考えられるとされます。
眠気やうとうとした状態。けだるさ。
胃腸のトラブル。主に下痢や食欲の低下。
気分の変化。いらいらや短期、動揺など。

引用:FDA公式サイト
CBD、CBD副作用、CBD 副作用 肝臓、頭痛、食欲、眠気

このように、FDAでも軽度の副作用に対する警告を出しています。

こちらはそもそも健康や美容目的用に明記されている内容のため、高濃度CBDが対象ではなく、“CBDをやめたとき”“摂取量を減らした時”が対象となっていますね。

これらの症状は、CBDの効果とも繋がりがあり、摂取する人の感じ方に大きく左右される場面もあるようです。

CBD肝臓に対する副作用がある?

CBD、CBD副作用、CBD 副作用 肝臓、頭痛、食欲、眠気

もともとCBDは肝臓に良い作用がある成分と言われており、飲み過ぎや二日酔いの際の解毒促進効果も期待されています。

そんな中でうわさされるCBDの肝臓に対する副作用とはどんなものなのでしょうか?実はアメリカの研究によると、CBDの過剰摂取によって肝機能が悪化したというデータがありました。

これは主に小児の難治性てんかんの治療に用いられた際に発祥した副作用。実は、難治性てんかんの治療に用いられるCBDの量は、一般的に購入できる健康・美容目的のCBD製品の約20倍。

実際にこの20倍の量を換算してマウスに投与した研究結果の一部で、肝臓に副作用が起きた事例が発見されました。

CBD、CBD副作用、CBD 副作用 肝臓、頭痛、食欲、眠気

ただし、これは摂取量を守って継続している人にとってはあまり関係のない、医療面での副作用になりあます。それに人間の臓器と動物の臓器が常に同じ様に反応するわけではありません。例えば私たちが普通に食す玉ねぎやチョコレートは犬にとっては毒ですが私たちにとってはごく普通なの食物です。一般的に購入できるCBDを利用している人にとっては、CBDは肝臓機能を高めてくれる成分というわけですね。

持病で肝臓機能に疾患のある方や、過剰摂取をおこなっている人以外はあまり心配のいらない副作用と言えるでしょう。

参考:海外サイトHealth line

CBDの副作用で頭痛がおきる?

CBD、CBD副作用、CBD 副作用 肝臓、頭痛、食欲、眠気

CBDの副作用の中に“頭痛”というものもありました。もともとCBDには鎮痛作用があり、頭痛や偏頭痛にも効果的と言われている成分です。では一体どうしてこのような副作用の情報が出ているのでしょうか。

実はCBDが抽出されるヘンプは、とても吸収性に優れた植物で、畑の浄土効果も期待されています。土や環境にとって大きなメリットとなるヘンプですが、これは成長段階で土壌に含まれる重金や化学農薬を吸い上げているということになり、CBD製品にも混入する恐れがあるのです。

CBD、CBD副作用、CBD 副作用 肝臓、頭痛、食欲、眠気

つまり悪環境で育ったCBD製品には、凝縮された有害物質が含まれている可能性が。過去にはこれが原因で頭痛や嘔吐などを引き起こした事故も発生しています。

CBDの副作用ではなく、製品自体の品質の問題ということです

CBD製品を購入する場合は、製造元が明確で安心して使用できるオーガニック製品を利用するようにしましょう。

CBDでアレルギー反応が?

CBD、CBD副作用、CBD 副作用 肝臓、頭痛、食欲、眠気

CBDに対するアレルギー反応について、いくつかの質問をいただいたので、こちらに記載したいと思います。

アレルギーとはそもそも食物などに含まれるタンパク質が原因となります。

体内の免疫lgE抗体が、食物や粘膜に付着したタンパク質を異物だと判断し、過剰反応することがアレルギー反応と呼ばれています。 こうしたアレルギー反応はタンパク質の全てが対象となり、例にもれずCBD製品もその中に含まれています

CBD、CBD副作用、CBD 副作用 肝臓、頭痛、食欲、眠気

ただし、CBDでアレルギー反応が起きたという実例は見つからず、可能性はとても低いということがわかります。

CBD自体のアレルギー反応よりも、製品の品質や希釈成分などに注意する必要はあるかもしれません。安価な製品に不純物やTHCが含有されていたと言うニュースもありましたので、商品選びには充分注意しましょう。

CBD 副作用が起きやすい製品とは?

CBD、CBD副作用、CBD 副作用 肝臓、頭痛、食欲、眠気

上記の他にCBDで副作用などの有害事象が起きたケースを探すと、気になる製品を見つけました。それがCBD Vapeです。

CBDリキッドをパイポやベイプに注入したり、あらかじめセットしてあるものを熱することで気体化し、肺吸収させる製品ですね。

実は毛細血管の多い肺にCBDを直接入れることで吸収率が高まり、効果を感じやすいのもCBD Vape。日本でも人気が高い製品のひとつです。

CBD、CBD副作用、CBD 副作用 肝臓、頭痛、食欲、眠気

ただ、CBD Vapeの利用者の中には“喉が痛くなった”“口が渇く”などの副作用とみられる口コミが一定多数存在しています。

実はこれ、CBDの副作用ではなく、製品特有の副作用だと考えられます。

ベイプやパイポに注入するCBDリキッドには、製品として発売するために、ほとんどの商品にプロピレングリコール(以下PG)や植物性グリセリン(以下VG)が含まれています。

これは私達が普段口にする食べ物などにも含まれている成分で、PGは化学防腐剤、VGは甘味などにも利用されています。

CBD、CBD副作用、CBD 副作用 肝臓、頭痛、食欲、眠気

普段は特に害がないとされているこちらの成分ですが、実はベイプなどに入れて加熱されることでPG⇒プロピレンオキシド(IARC 2B発がん物質)、VG⇒アクロレイン(呼吸気道刺激物)に変化。喉も痛みだけでなく、肺炎や中隔神経、脾臓への影響なども懸念される成分となってしまうのだとか。

参考:東北大学資料

これはFDAでも同じく懸念されている内容であり、実際に事象もあることから、ご利用には十分な注意が必要です。

CBD、CBD副作用、CBD 副作用 肝臓、頭痛、食欲、眠気

また、安心安全にCBDを摂取するならCBD オイルがおすすめ。

CBDオイルは医療面でも用いられる歴史あるプロダクトで、内容物や製造元などに注意すれば、安心して利用できる製品です。

CAMYUでは不純物を全て取り除いたアイソレート製法を採用し、純度の高いCBDを利用したCBDオイルをラインナップしています。また、希釈に利用している成分もオーガニックを採用しており、安心してご利用いただけますよ。

CAMYU オーガニック製品一覧

CBDの副作用について-まとめ-

CBD、CBD副作用、CBD 副作用 肝臓、頭痛、食欲、眠気

今回はCBDの副作用について、さまざまな情報をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

CBD自体の副作用に対しては、摂取量を守っていればあまり心配はいらないようですね。自然治癒能力を高めてくれる天然成分。化学薬品のような依存性もなく、健康や美容に安心して取入れることができますよ。

CAMYU公式サイト

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中