CBDでコロナの予防や治療が?世界の実験内容をまとめてみました

今世界ではCBDを用いたコロナ予防や治療に対する実験が進められているのをご存知ですか?CBDはコロナやインフルエンザなど、肺に感染するSARS系ウイルスの感染予防に効果的と言われています。また、現在コロナウイルスの治療に取り入れている病院もあることがわかり、詳しくリサーチしてみました。ぜひ参考にしてみてください。

CBDで感染予防?対コロナの新研究結果とは?

現在コロナの感染予防に対してCBDのさまざまな利用方が研究されています。

実はアメリカでは「CBDがコロナに有効」というデマが流出し、一時コンプライアンスの問題などが発生しました。そのため、国内外問わず色々な情報が飛び交っています。

はじめにお伝えしておくと、CBDにはコロナウイルスを殺菌する効果はありません。ただし、その症状や炎症を抑えたり、予防に有効な結果が出ていることはたしかです。

ここでは、実際に有効な結果となった研究について、いくつかご紹介していきたいと思います。

CBDがコロナに対する体内受容体を減らす?

コロナウイルス、コロナ、CBD、予防

実はCBDがコロナウイルスの予防薬として利用できる可能性があるとして、現在研究が進められています。

カナダのレスブリッジ大学生物科学部の研究によると、CBDを体内に摂取することで、コロナウイルスの受容体や活性化作用がある細胞の発現を低下させることがわかりました。

人の体には、血圧をコントロールするACE2という体内因子が備わっています。このACE2は人体にとってとても重要な役割があるります。その一方で、菌を取り込んでしまう受容体にもなるそうです。コロナウイルスやインフルエンザ、SARSなど、肺に侵入して害をもたらすSARS系のウイルスを体内に取り込んでしまう受容体がACE2なのです。

コロナ、CBD、予防薬、治験

CBDがコロナの活性化を抑える?

さらに体に取り込まれたコロナウイルスはセリンプロテアーゼTMORSS2という体内タンパク質によって活性化されます。コロナウイルスが活性化されると、症状が悪化するだけでなく他者への感染率を高めることにも繋がるのです。

CBDはセリンプロテアーゼTMORSS2の発現を抑制したり、調整する作用があるとされています。セリンプロテアーゼTMORSS2とコロナウイルスの関連性は既に国内外問わず明らかとなっており、各国の機関で予防薬に対する着目点とされています。

CBDがコロナ予防薬になる可能性と詳しい研究内容について

CBDが予防薬になる?

現段階では、CBDがセリンプロテアーゼTMORSS2やACE2の発現を抑制、または活性化を抑える作用があるということがわかっています。

ただし、予防薬としてはまだまだ研究が足りていません。大規模な検証と長期的な研究が必要となるコロナウイルスの予防薬。

海外ではマウスウォッシュや咽頭うがいなど、家庭でも簡単に利用できる製品としても開発が検討され、補助薬品の扱いで発売される可能性があるそうです。

詳しい関連記事はこちらもご参照ください。

参考:In Search of Preventative Strategies: Novel Anti-Inflammatory High-CBD Cannabis Sativa Extracts Modulate ACE2 Expression in COVID-19 Gateway Tissues

CBDのコロナウイルスに対する治験も開始

現在、コロナウイルスに対するCBDでの治験(=人に対象薬品を投与して、安全性や効果を確認する研究のこと)も開始されています。

主な研究がおこなわれているのはイスラエル。実はイスラエルは大麻草の研究をし、さまざまな有効成分を発見した「カンナビノイドの父」ラファエル・ミシューラム博士の出身国です。医療大麻の輸入が世界最大級の国でもあり、医療面での研究が先進しているんです。

イスラエルでおこなわれているコロナウイルスに対するCBD薬品の治験は、主に症状の緩和や治癒を早めることに着目しています。

現段階では、CBDがコロナウイルスを殺菌することはできないとされています。ただし、CBDの抗炎症作用や免疫力を高める効果などを有効活用し、感染後の素早い治癒を目指しているようです。

コロナ感染した肺にCBDを投与する治験

コロナ、CBD、予防薬、治験

イスラエルの大手民間企業であるInnocan Pharma社とTEL AVIV大学が提携しておこなっている治験もそのひとつ。エキソソーム(エクソソーム)と呼ばれる細胞から分泌される小さな袋の中にCBDを封入し、口から吸引摂取することで、肺に直接CBDを取入れます。

CBDの抗炎症作用や自然治癒能力で、コロナによって傷ついた肺の細胞の再生を促そうという実験です。

SARS系のウイルスであるコロナウイルスも肺に侵入し一種の肺炎を起こします。そのため、肺から吸引する薬の研究がされているようです。

同じくSARS系ウイルスであるインフルエンザの治療薬も、機器を使って粉状にした薬品を口から吸引して肺に取り込みますよね。ダイレクトに肺に摂取することで、より高い効果や速効性が期待できるのです。

ただし、一般的に販売されているCBD Vapeは薬品とは異なるため、同じ効果は得られず、逆効果となることが考えられます。ほとんどのCBD Vapeに配合されている希釈成分は肺炎を引き起こす原因となるの可能性が高く、国や機関で注意喚起も出されています。

CBD Vapeの注意事項などについては、以下の関連記事をご参照ください。
CBD Vapeで喉に痛み?一定数に起こるトラブルとは

CBDとステロイドを併用した治験

コロナ、CBD、予防、治験

STERO Bio techs社とラビン医療センターという病院が提携しておこなっているのは、CBDとステロイドを併用する治験です。こちらはコロナの重症患者を対象にしておこなっており、CBDを併用することで、肺の修復を早めることを目的としてます。

もともとステロイドはさまざまな病気に用いられている切り札的な化学薬品で、高い抗炎症作用がありますが、使い続けると体に負担がかかったり、効力が落ちたり、また強い副作用が出る場合も多々あります。そこで着目されたのがCBDの抗炎症作用なのです。

高い抗炎症作用があるとされるCBDですが、天然成分で副作用や依存性の心配はいりません。CBDとステロイドを併用することで、ステロイドの量を減らすことが可能になると考えられています。

これは体への負担が軽減することに繋がり、また、コロナウイルス以外にも応用できると考えれています。

CBDを単体で投与する治験

コロナ、CBD、予防、治験

最後はコロナウイルスの中傷患者に対して、CBDを単体で投与する治験をご紹介します。この治験をおこなっているのは、Ichilov Medicalセンターというところ。

上では、重症患者に対してステロイドとCBDを併用していましたが、こちらでは中傷患者にCBDのみで対応しようと考えたのですね。これも、CBDの抗炎症作用に着目した治験の1つです。

また、これまでご紹介した上記2つの治験は、主に企業が主体となっていました。しかしこの治験に関しては病院自体が主体となっておこなっており、医療目的として用いられるCBDの信頼度の高さが伺えますね。

参考↓

コロナ対策にCBD【免疫力】を高める理由

コロナ、免疫、CBD

CBDのコロナウイルスに対する治験はまだまだ研究段階にあり、すぐに速効性のある治療薬や予防薬が登場するというワケではありません。でも、CBDを用いて免疫力を整えることは可能です。CBDで免疫力がUPするという話をよく耳にしますが、実はこれ、正確には“人が本来持つ免疫力に取り戻す”ということなんです。

免疫力には自律神経が関わっている

人にはもともと強い免疫力が生まれながらに備わっています。でも現代人のほとんどが、生活習慣やストレスなどが原因で免疫が低下している状態にあると言われています。

この免疫力低下には自立神経が大きく関わっています。自立神経を司る交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、免疫力の低下に繋がるのです。

交換神経と副交感神経は以下のような特徴があります。

  • 交換神経・・・日中に活発に活動するための神経
  • 副交感神経・・・リラックス時や睡眠時に活発になる神経

交換神経は血圧を上げてアドレナリンを出し、日中に活発な活動ができるように促してくれます。

逆に副交感神経はリラックス時や睡眠時に活発に働いている神経です。血圧を下げて血行を促進し、内臓や肌、脳などを休ませ、修復・回復させる働きがあります。

この2つのバランスが保たれているとき、人は心も体も健康な状態であり、高い免疫力を保持しているといえます。

でも、ストレスや苛立ち、不安などが続くと、夜になっても交感神経が活発な状態が継続し、副交感神経にうまく切り替わらないことがあります。すると、夜間や休憩時におこなわれはずの修復・回復作業がストップしてしまいます。

肌が荒れたり、内臓の疲れや痛みを感じたり、また起きたばかりなのに体がだるい時は、副交感神経がうまく働いていない可能性があるのです。そして、この状態が継続すれば、体の免疫力は徐々に低下していき、さまざまなウイルスに対抗することができなくなってしまうのですね。

免疫を下げるもう一つの原因

ブルーライト、不眠症、免疫力、CBD

現代人の免疫低下にはもう一つ、大きな原因があります。それが“ブルーライト”です。スマホやPCを日常的に用いている現代人は、毎日常時ブルーライトを浴びていることになります。

ブルーライトはとても刺激が強く、目から体内に侵入することで交感神経が過敏に働きはじめます。夜になっても副交感神経に切り替わりません。

すると体がリラックスした休憩を取ることができず、また不眠や質の悪い睡眠へとなり、体の疲れが取れない日が続くのです。これはダイレクトに免疫力の低下にも繋がります。

CBDで免疫力を高めてコロナ対策を!

コロナ、CBD、予防、治験、免疫力アップ

CBDが注目される理由のひとつが、血圧を下げてリラックス作用をもたらすところ。睡眠導入にも用いられるCBDは、夜に交感神経を休ませて副交感神経を優位に立たせることで、リラックスした状態を造り出してくれるのです。

これにより、睡眠中にしっかりと体は修復・回復されるため、免疫力の低下を防ぐことができるのですね。

どこに潜んでいるかわからないコロナウイルス。GOTOキャンペーンなどで感染者が増えており、またインフルエンザも流行出す時期です。CBDを摂取し、日頃の免疫力を高めておくことが、今私達にできる最善の対策といえるでしょう。

CBDのおすすめアイテム

コロナ、CBD、予防、治験、camyucbd、マッシュルーム、チャガ、霊芝、冬虫夏草、cbdの相乗効果

CBDは免疫力を高めてくれる成分であることがわかりましたが、コロナウイルスやインフルエンザが流行しているこの時期には、さらに強力な有効成分がプラスされたアイテムがおすすめ。

CAMYUのCBDオイルには、強い生命力ともち、CBDの次にトレンドとなりつつある、マッシュルームを配合した製品があります。

CBD OIL AMマッシュルームブレンド 口コミ:午後に「辛い」と思う事がなくなった
CBD OIL PMマッシュルームブレンド 口コミ:本当に夢も見ないほど毎日熟睡しています。

マッシュルームとはそもそもキノコ菌が木や植物に寄生したものです。

AMに配合されている冬虫夏草は冬の間を虫のお腹の中で過ごし、夏になると体を突き破って外に出てくるという、とても生命力の強い植物です。滋養強壮、ガン細胞抑制、免疫力向上などさまざまな効果が期待できる成分です。AMは日中に免疫力を高めてコロナに負けない強い体作りをサポートしてくれます。

PMに配合されているのはチャガマッシュルームと霊芝です。チャガマッシュルームが寒いシベリアの白樺の木に寄生し、時には木を枯らすほど体内に栄養を溜め込みます。霊芝には血圧を下げて心を落ち着かせる効果があります。PMは睡眠中の栄養補給と安眠を促してくれます。

普段から疲れが取れにくかったり、朝にパワーチャージしたい方はぜひお好みのアイテムを試してみてくださいね。

最後に

CBDオイル、CAMYUcbd

今回はコロナウイルスとCBDの情報についてご紹介しました。コロナが蔓延していて外出すら厳しい現在。生活習慣やストレスなどで免疫力の低下や疲れを感じている人は、ぜひCBDを取入れてみてくださいね。



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中