CBDで美白習慣!夏の紫外線を徹底ケア!

肌老化の現任の約8割が“紫外線”ってご存知でしたか?抗酸化作用の高いCBDで厳しい夏の紫外線を徹底的にケアしていきましょう!紫外線は肌を黒くしたりシミを作るだけでなく、シワや乾燥など年齢肌の原因となり、また体内を酸化させて疾患を引き起こします。CBDで体の内側からも外側も徹底ケアし、輝く美白と健康BODYを目指しましょう!

紫外線、CBD、美白、日焼け、シミ、シワ、そばかす、乾燥

CBDで紫外線を徹底ケア!効果とは?

紫外線、CBD、美白、日焼け、抗酸化作用

紫外線の強い夏は外出も大変ですよね。 CBDで紫外線のケアをする方法をお伝えする前に、まずは紫外線や日焼けを仕組みを知って、より効率的にお手入れをしていきましょう!

紫外線はシミやそばかすの原因になるだけでなく、乾燥やシワ、老化の根源とも言える肌の天敵。実は肌の老化の原因の約8割が紫外線(A波とB波)によるものだということをご存知ですか?これは、肌の老化は加齢によるものが約2割で、それ以外のほとんどが紫外線によるものということを指しています。

人によっては紫外線を浴びるとすぐに黒く焼けてしまうタイプの人がいますよね?肌が黒くなるということは、基底層と呼ばれる肌の奥で生成されるメラニンが分泌されているということです。肌の奥まで紫外線が届いているため、メラニンが分泌されて肌を黒くし、体の細胞を守ろうとしている現象なんですよ。つまり、紫外線が基底層に届くまでに通過している表皮から中間部分にかけては既にダメージを受けてしまっているということなんです。

逆に肌が赤くなり、数日するとすぐにもとの肌色に戻る人もいますよね?「肌が黒くならないからダメージがない」ということではないんです。こういうタイプの人はメラニンの生成が少なく、肌細胞を防御する機能が弱いということ。つまり、紫外線を浴びる度にダイレクトダメージを受けてしまうということなんです。タイプは違えど、紫外線は肌にダメージを与えているのですね。

こうした紫外線のダメージはどうしておきるのでしょうか?それは、肌の“酸化”が大きく関係しています。ここで登場するのが高い抗酸化作用が期待されるCBD!次の項目では、紫外線の酸化とCBDの抗酸化作用について詳しくご紹介します。

CBDの抗酸化作用

紫外線、CBD、美白、日焼け、抗酸化作用、活性酸素、免疫向上、コラーゲン

CBDの抗酸化作用について詳しくご説明していきます。 人は呼吸や毛穴、食事などからも酸素を体に取り込んで生活しています。そして体内に取り込まれた酸素の内、約2%は活性酸素になるといわれています。活性酸素はもともと、体内で重要な役割を果たしており、免疫力の向上や感染予防などに必要な要素です。

でも、紫外線によって活性酸素が過剰に生成されたり活性化すると、肌へのダメージとなり、自分自身の細胞までも連鎖的に傷つけてしまうのです。例えば自転車をお手入れせずに放置しておくとチェーンなどが錆び付いてしまいますよね?これは酸素が鉄を酸化させてしまったため。簡単に説明すると、人間の体も自転車と同じように、紫外線などが原因で体内の活性酸素が過剰分泌され、体が酸化し錆び付ついてしまうということなんです。

肌には保護層と呼ばれる角質や皮脂膜などのバリアが存在します。紫外線による酸化が原因でこのバリアが破壊されると、肌表面の水分が蒸発し免疫力が低下。刺激や細菌は難なく肌から進入してくることになり、また、ハリや弾力を保つコラーゲンは分解されて減少してしまいます。日焼けで痛んだ肌は美白ケアされたハリのある肌に比べてコラーゲンが少ないのは、紫外線が大きく影響しているのですよ。

紫外線、CBD、美白、スキンケア、抗酸化作用、紫外線ケア、アンチエイジング

こうした活性酸素の働きを抑制するのが、CBDにも備わっている抗酸化作用です。実はこの抗酸化作用を司る抗酸化防御機構はもともと人間に備わっており、活性酸素とのバランスを保つことで細胞を守ってくれています。でも、紫外線や加齢が原因で抗酸化作用は低下し、活性酸素が浸食してくると、お肌のシミやシワ、乾燥などの年齢肌となって現われるのです。 足りない抗酸化作用を体内に取入れるためには、体の外から摂取するほかありません。そこでCBDが注目されているワケなんです。

というのも、今まで抗酸化作用が高いといわれてきた成分、ビタミンC/Eやβカロチンなどに比べ、CBDはなんと約5倍以上の抗酸化作用があるといわれています。CBDを摂取することは、不眠症改善やリラックス効果だけでなく、紫外線ケアにも充分な成果が期待できるということですね。最近はエステなどでもエイジングケア目的でCBDを取入れているサロンも増えてきましたが、それはこの抗酸化作用の効果を期待しているからなんです。 次の項目では、抗酸化作用の高いCBDをより効果的に摂取するために習慣づけたいポイントをご紹介します。

CBD美白!簡単習慣【朝昼晩別】

紫外線、CBD、美白、スキンケア

ここでは実際にどのようにCBDを美白習慣に取入れればよいのか詳しくご紹介します。以外と知られていない、普段やってしまっている習慣も見直してみることで、CBDの抗酸化作用をより効果的に取入れることができますよ。CBDを習慣づけて、健康的でハリのある美白肌を目指しましょう!

【朝】食事と化粧品に注意

ビタミンC、美白、光毒性、紫外線、ソラニン、CBDオイル

美白にはビタミンが良いというのは有名な話ですよね。でも実はここに大きな落とし穴があるんです。ビタミンCといえば、オレンジがグレープフルーツ、レモンなどを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?でも実はこうした柑橘類には「光毒性」という性質があるものが多く、シミの原因をつくりだしてしまうのです!これは、柑橘類に含まれる”ソラニン”と呼ばれる成分が原因で、紫外線の感受性を高め、蓄積させる作用があります。そのため、日中仕事や活動をおこない紫外線を浴びる可能性がある“朝”に摂取するのはNG。

特にお肌にはソラニンが定着する時間が長く、ダイレクトに紫外線へ影響してしまうので、柑橘類の含有されている製品は控える用にしましょう。光毒性が取り除かれている製品や影響のないレベルの含有量の場合もありますが、表記がない場合は確認するか朝の使用を控えるのがおすすめです。(CAMYUのCBDフェイス&ボディーオイルGLOWにはグレープフルーツ果皮油が含まれており、紫外線の影響がないレベルの含有量ではありますが、念のため朝のご利用は推奨しておりません。 CAMYU CBDフェス&ボディOIL GLOW)

朝は柑橘類の入っていないCBDコスメの他に、体内摂取型のCBDオイルを取入れるのがおすすめです。CBDオイルは中鎖脂肪酸と一緒に摂取することでより吸収率が高まるといいます。中鎖脂肪酸はMTCオイルやオリーブオイル、ココナッツオイルなどに含まれている、燃焼が早く蓄積されにくい脂肪のこと。朝食のサラダにオリーブ油とCBDオイルを掛けて食べたり、スムージーにココナッツオイルとCBDオイルを一緒にミックスさせるのもおすすめですよ。また、CAMYUのCBDオイルには冬虫夏草と呼ばれる強力なエイジング効果が期待できる天然成分も配合されていて、美白・美肌のケアに嬉しい配合となっています。
CAMYU CBD OIL AMマッシュルームブレンドの詳細はこちら

【昼】外出先でも小まめなケア

抗酸化作用、紫外線、CBDスキンケア、オーガニックCBD、CAMYU

紫外線の恐ろしい点の1つが、肌へのダメージの早さです。実は紫外線が一瞬当たるだけでも、肌に確実にダメージを与えてしまいます。「通勤時間が短いから」「ちょっとコンビニに行くだけだから」と軽く考えて、日焼け止めを塗らないのはとても危険なんですね。 また、いくら日焼け止めをしっかり塗っていても、効力の時間が過ぎてしまったり、塗りムラがあったり。丁寧に塗っても100%紫外線をカットできるわけではないのです。そのため、日中も小まめに何度か日焼け止めを塗り直す必要があり、また紫外線をカットするだけでなく抗酸化作用もプラスしたケアがベストと言えるでしょう。

こんな時は、抗酸化作用の高いCBDのスキンケイアグッズを小分けにしてポーチに入れておくのがおすすめですよ。オフィスの中や室内でも窓から紫外線は侵入してきます。そのため、お手洗いの際などに、気になる部分にちょんちょんと塗ってあげると、CBDの抗酸化作用が紫外線による肌の酸化を予防してくれますよ。特に頬のトップなど乾燥しやすい部分は紫外線からのダメージを受けやすくシミになりやすい部分です。また、ケアを忘れがちな首元や耳などに分布するのも大切ですね。

CBDのスキンケイアグッズは日本ではまだ数が少ないですが、添加物が入っていないオーガニックなものを選ぶようにしましょう。添加物の中には紫外線に当たって化学変化を起こし、シミの原因となってしまう成分もあるんですよ。また、【朝】のケアでもお伝えした理由で、柑橘系の成分が入っているアイテムの利用も控えるのがベスト。CAMYUでは外出先でも簡単ケアができるアイテムをご用意。持ち運び用のロールオンタイプのCBDはポーチにすっぽり収まるサイズで、オーガニックアロマの香りと共にコロン感覚でスキンケアができます。
CAMYU CBDロールオン VENUSの詳細はこちら

【晩】睡眠中の修復効果を高める

紫外線、CBD、美白、スキンケア、睡眠、CBDオイル、

人は睡眠中に肌を含めた体の修復/回復作業をおこなっています。紫外線によってダメージを受けた肌は、夜寝ている間に修復されているということですね。日焼けをしてもいつの間には元の肌色に戻っているのは、こうした夜の修復作業のおかげ。そのため、質の良い睡眠はとても重要なんですよ。

良い睡眠には自立神経が大きく関わっています。日中に活発となる交換神経と、睡眠中やリラックス時に優位にたつ副交感神経でなりたっている自立神経は、このバランスがとても重要です。ストレスなどによっていつまでも交換神経が活発に動いていると、なかなか寝つけなかったり、熟睡できません。海外では不眠症にも用いられるCBD。自立神経のバランスを整えてリラックスさせる作用があり、夜の寝る前に摂取することで、心地良い入眠と熟睡が期待できます。100%カットするのが難しい紫外線も、CBDで質の良い睡眠をとることで、その日のうちにケアできるのです。睡眠の30~1時間前にはCBDオイルを舌裏に垂らすなどして、ゆったりした時間を過ごしてみましょう。

また、シャワーを浴びた清潔で温まった肌にCBDを吸収させてあげるのもとても大切。CBDは現在の研究で少なくとも表皮1cmまでには浸透するといわれています。そのため、シミシワができる表皮深くまでお手入れできるんですよ。CBDのリラックス効はもちろん、CAMYUの商品は天然アロマが配合された贅沢な香りも楽しめます。CBDと一緒に嗅覚から脳への刺激はリラックス効果を高めてくれる相乗効果が期待できますよ。ぜひお気に入りの香りを見つけてくださいね。
CAMYU CBDフェイス&ボディOIL GRACEの詳細はこちら

最後に

紫外線、CBD、スキンケア、美白

今回はCBDの紫外線ケアについて詳しくお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?夏の間にしっかりケアしておくのは大人肌の基本です!CBDを使って、体の内側からも外側からも徹底ケアしていきましょう!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中