CBDでダイエットの効率UP!脂肪燃焼を促進する作用とは??

今回はCBDのダイエット効果について調べてみました!ECSに働きかけるCBDは食欲調整作用があるのは有名ですよね、でもCBDにはそれ以外に“脂肪細胞褐色化”と呼ばれる作用に貢献し、身体の脂肪を燃えやすくすることでダイエットの効率を高めてくれるんだとか!ぜひチェックしてみてくださいね。

ダイエット
CBDでダイエット
脂肪燃焼
食欲調整作用
【目次】
  1. CBDでダイエットの効率UP?脂肪細胞褐色化ってなに?
  2. CBDで暴飲暴食を抑えてキレイにダイエットを!
  3. ダイエットにおすすめのCBDの取入れ方
  4. 最後に

CBDでダイエットの効率UP?脂肪細胞褐色化ってなに?

脂肪細胞褐色化
ダイエット
WAT
中性脂肪
BAT
消費型脂肪
ベージュ脂肪細胞

CBDの代表的な効能と言えば、リラックス効果や鎮痛作用ですが、実はダイエットにも効果的な研究結果が出ていることをご存知ですか?2018年韓国デグ大学でおこなわれたマウス実験の発表によると、CBDには“脂肪細胞褐色化”というダイエットには重要な作用を促す効果があることがわかったのです。

人間の体内には以下のような脂肪の種類があります。

・白い脂肪細胞…通称WATとよばれ、エネルギーを蓄えるために貯蔵される中性脂肪のこと。燃えにくい脂肪で、消費されなければ徐々に蓄積されてしまう脂肪細胞で、全身の皮下や内臓周囲の存在しています。

・ベージュ脂肪細胞…通称BATとよばれ、エネルギーを放出・熱産生する役割があります。消費型の脂肪で、リンパが多く通っている鎖骨周辺や頸部、脊髄などに存在しています。※BATには褐色脂肪細胞とベージュ脂肪細胞がありますが、今回はベージュ脂肪細胞に着目して進行していきます。)

脂肪細胞褐色化とは、WATをBATに変換する作用のことで、これは燃えにくい脂肪を燃えやすい脂肪に変換するということになりますよね。

ミトコンドリア
燃えにくい脂肪を燃えやすく変換
メタボリック症候群
糖尿病
高コレステロール
CBDオイル
CBDで脂肪を燃焼

BATがベージュ色をしているのはミトコンドリアが多く存在しているからだそうで、BAT内のミトコンドリアには特異な脱共役タンパク質というものが発現されています。この脱共役タンパク質は酸化的リン酸化作用をもたらすことで、体内エネルギーがATP合成に向かわず、ダイレクトに熱変換され、時間と共に消費されるのです。これは、簡単に説明すると、BAT内のミトコンドリアの影響で体内エネルギーが直接消費され、体内に蓄積しにくくなるということです。

実は、今回のデグ大学の研究ではCBDを摂取するとBATに必要不可欠なミトコンドリアの活動が活発化したり、数量が増加する傾向にあることがわかったのです。現在の段階ではマウスを使った実験のみでヒトに同じような効果をもたらすかどうかについては、まだ明確ではありません。ただ、ほとんどの生物にはBATが存在し、年齢と共に減少するBATに対しCBDがなんらかの影響を与えると言われています。

アメリカでは自然療法を促進している医院で、メタボリック症候群、糖尿病、高コレステロール患者などにCBDオイルが処方される場合があるほど。すでにCBDの脂肪燃焼を促す作用は人の暮らしに役立てられているのですね。CBDを日頃から摂取することは、運動などでダイエットしている人にはもちろん、日常生活でも脂肪を燃焼しやすい身体作りをサポートすることに繋がるのです。

CBDで暴飲暴食を抑えてキレイにダイエットを!

食欲コントロール
脂肪燃焼しやすい体
CBDオイル
ECS
身体調整能力を正常化
CBDと自律神経
リラックス作用
ホルモンバランスを整える
健康的で美容的なダイエット

CBDは脂肪細胞褐色化を促し、燃焼しやすい身体作りをサポートするだけでなく、食欲コントロールもおこなってくれます。すでに皆さんもご存知かとおもいますが、ECS=身体調整能力を正常化させることで、身体のあらゆるコントロールをおこなってくれるCBD。ストレスや不規則な生活だけでなく、女性はホルモン周期などによって暴飲暴食に悩まされる人は多いですよね。

CBDは自律神経を整えることで、こうした食欲をコントロールしてくれるのですよ。また、リラックス作用で日々のストレスを蓄積させないことも、ダイエットには重要な要素です。さらにホルモンバランスを整える作用については、生理不順やPMSの改善にも用いられるほど、効果が期待されていますよ。CBDは単純に食欲を低下させたり、胃を膨らませて満腹感を出すサプリなどと違い、身体の内側から細胞レベルの調整をおこなうことで、健康的で美容的なダイエットを継続的にすすめることができるのです。

ダイエットにおすすめのCBDの取入れ方

CBDオイル
脂肪細胞の褐色化
CBDオイルを毎日摂取

CBDにはダイエットに効果的な作用があることがわかりましたが、どのようにして取入れていけばいいのでしょうか?おすすめはCBDオイルを下に垂らす方法です。下の裏には無数の毛細血管が存在しており、胃や肝臓を経由せずにダイレクトに体内に巡るため、効果が出やすいと言われています。

脂肪細胞の褐色化を促す効果や食欲コントロールについては、日々継続的にCBDを摂取するのがベストです。どのような薬や成分にも言えることですが、手術などでない限り、瞬時に1回の利用で体内の機能を改善することは難しいですよね。CBDを日常的に取入れることが、ダイエットの効率を上げる方法のひとつと言えるでしょう。

CBDで睡眠の質改善
CBDローション
CBDスキンケア
CBDオイル
CBDとダイエット
食欲コントロール
効果的なダイエット

また、CBDで睡眠の質を改善することも、ダイエットに重要な要素となります。ヒトは睡眠中に体内の修復作業をおこなっており、夜間に内臓機能も回復されます。睡眠の質が悪かったり、不眠気味だとこの修復・回復が正常におこなわれず、代謝低下の原因となってしまうのですよ。せっかく日中にダイエットをがんばっても、寝ている間に効果が薄れたら意味がありませんよね。CBDでより良い睡眠を取ることは健康的かつ効率の良いダイエットへの一歩かもしれません。

さらに、CBDのリラックス作用には筋肉の緊張緩和させる効果があり、整体やエステサロンでも取入れられています。ダイエット中のストレッチやマッサージにはCBDオイルを摂取するだけでなく、CBD配合のローションやスキン用オイルなどを取入れるのもおすすめですよ。ストレッチをおこなう30~1時間ほど前に摂取すると、よりリラックスした効果的なケアタイムを過ごすことができるので、ぜひトライしてみてください。

最後に

今回はCBDのダイエット効果について詳しくお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?CBDはミトコンドリアの発現を促したり活性化させることで、脂肪細胞活性化を促進し、脂肪が燃えやすい身体作りをサポートしてくれるのですね。また、食欲コントロールもダイエットには欠かせない要素のひとつです。CBDを日常に取入れるだけで、より効果的なダイエットが目指せそうですね。みなさんもぜひ参考にしてみてください。

参考記事

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中