CBDのてんかん治療薬としての活躍|日本でも臨床実験開始か?

てんかんとCBD
てんかん治療薬

【目次】

1.CBDが流行した理由は難治性てんかんの少女に

2.CBD含有のてんかん治療薬「エピディオレックス」とは

3.CBD治療薬が日本で使用許可されるのか?予想

4.最後に

CBDが流行した理由は難治性てんかんの少女に

てんかんとCBD
WEED
ドベラ症候群
レノックス・ガストー症候群
CBDオイル

アメリカで爆発的人気となり、今では世界中に愛用者がいるCBD製品。実はこの人気の裏には、ある一人の少女がいました。

2013年にアメリカで放送されたドキュメンタリー番組「WEED」で、難治性てんかんに苦しむ少女、シャーロットちゃんが特集されました。難治性てんかんとは、小児てんかんの一種で、主にドベラ症候群やレノックス・ガストー症候群があります。シャーロットちゃんは2歳の時、重度のドベラ症候群で、週300回、1時間に2回もの発作に襲われ、歩行や食事が困難なことから、寝たきりで栄養管を鼻に通して生活していました。さまざまな化学薬品を試しましたが効果はなく、一時はこの薬品の影響で心配停止に陥ったことも…

そんな娘に心を痛め続けた両親は、ネットで大麻治療をおこなっている子供を見つけ、「大麻」や「マリファナ」というフレーズにあまり気は進まないものの、最後の砦としてその抽出薬を試してみることにしました。すると、なんと発作が数日間ぴたりと止んだのです!両親はとても喜び、大麻の中でもTHC(マリファナに含まれる「ハイ」になる成分)ができるだけ少なく、そしてCBD含有率の高いヘンプを見つけ出し治療に役立てました。

その後、治療を続けたシャーロットちゃんは普通の生活ができるようになり、それまで数州しか認められていなかった医療大麻は、現在では33州で取り扱われるようになったのです。また、これがきっかけでCBDオイルが着目されるようになったんですね。

とても残念なことにシャーロットちゃんは13歳で別の病(コロナの影響といわれています)でお亡くなりになってしまいましたが、それまで過ごした元気な日常生活の姿や両親の勇気と行動力は、現在もたくさんの患者さんに勇気を与えています。

CBD含有のてんかん治療薬「エピディオレックス」とは

エピディオレックス
CBDオイル

この難治性てんかんの治療薬として先進しているのが、イギリスのGW社が開発した「エピディオレックス」です。成分は高濃度なCBDオイルほぼ替わりはありませんが、安全性やてんかんへの研究が認められ、正式な治療薬として、アメリカでは処方箋薬局でも販売がされています。小児てんかんの治療薬ということで、ストロベリーフレーバーの飲みやすいテイストになっているんですよ。

エピディオレックスは企業論文を公開しており、14週間の継続摂取をおこない発作回数をカウント。化学薬品の別のてんかん治療薬で発作回数が13%減だったのに対し、エピディオレックスは39%減という結果になったそうです。

GW社は古くからCBDの医療目的での研究を続けている企業のひとつ。エピディオレックスは今後の医療大麻やCBD療法を広める役割も担っているのです。

CBD治療薬が日本で使用許可されるのか?予想

エピディオレックス
CBD
自然療法

現在、日本てんかん協会をはじめ、さまざまな機関や医療従事者から、CBD含有のエピディオレックス日本承認要請が、厚生労働省に申請されています。難治性てんかんにはなかなか治療薬がなく、患者さんは平均1日3つ以上の化学薬品を摂取しているにもかかわらず、発作におびえ苦しみながら生活しているのだそうです…

日本では大麻由来の製品は医療目的での研究、実験、処方などが禁止されているのが現状。ただし、現在多数機関からエピディオレックスの許可申請が提出されていることから、戦後初めて国内での臨床実験が検討されているんだとか!もし実際に実験まで進むことができれば、これは日本の規制を大きく変える分岐点となるかもしれません。

日本ではCBD製品や大麻医療に対する規制がとても厳しく、その影響で他国に比べ市場への進出や研究にかなり遅れをとっています。もし、エピディオレックスの医療目的での使用許可がされてば、CBDという自然療法の更なる発展へとつながるでしょう。

ただし、エピディオレックスはこれまで企業論文が提出されているだけで、医療論文がないという点や、あまりに高濃度の過剰摂取によって頭痛や吐き気などの副作用が生じた患者さんもいることからまだまだ研究が必要と考えられている現状もあります。日本で臨床実験が進められたとしても、使用許可がおりるまでには長い道のりとなりそうです。

最後に

CBDオイル
CBD製品
てんかん

今回はCBDのてんかんに関わる情報をお伝えしてきました。日本では、CBD製品は日常生活の心と体をサポートをしてくれる天然成分というイメージですが、海外では歴とした医薬品としても役立てられているのですね。難治性てんかんに苦しく患者さんたちのためにも、CBDの日本規制の見直しや臨床実験が実行されることを祈っています。

CAMYU
~Organic Hemp CBD Oil & Skin Care~

Instagram camyu.cbd

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中